1 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 149

おはようございます、村山です。

バタバタしていて、ブログ更新ができていない最近です。

この頃、しょっちゅう現場に行っております。

大和市 施工中

先日、工事前のお客様の所で、仮設の歩行帯を人工芝で造作してきました

(上の写真とは別の現場ですが、人工芝のうまい写真が無かったので!苦笑)。

桝の形に合わせて切ってみたり、つなぎ目を背面からテープで固定したり、

仮設といえど、普通に作業をしていたところ、近隣のお子様から

『すいませーん、何やってるんですか~?』と声をかけられました。

『道を作っているんだよ~、歩くと、土で泥んこになっちゃうからね~』

とか話をしていました。その子が通り過ぎた後で、いつかこの子が

外構屋さんになったら素敵だなぁ~、世の中なんてわからないからなぁ・・・とか、

シミジミと考えてしまいました。

座間市 パンジー

その現場ですが、昨日から工事がスタートしました。

お客様に工事車両を停めるために駐車場を借りて頂きました。

立ち合い前に、車を停めて、ふと足下を見ると・・・

ビオラの花発見!見つけたとき、無性に幸せを感じました。

なんてことのない日常ですが、そんな日がとても幸せに感じる今日この頃です。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社

こんにちは、齋藤です。

HPトップページに掲載されている施工事例写真を一新いたしました!

どちらも、ライティングが美しい写真となっております。

是非ご覧ください。

過去の事例も、画面左メニュー

「エクステリア&ガーデン事例集」より引き続きご覧いただけます。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社

こんにちは、今日は壁と桝の納まりについてご紹介です。

只今施工中の現場で、門袖計画位置にまさかの設備桝が来てしまいました。

造成によって施工された、土留めと階段が既にあり玄関位置との階段位置との兼ね合いで

門袖位置を決めていたので、門袖位置をずらす事は難しく桝の上だけブロックを切り欠いて

納める事になりました。



こちらは基礎工事の状況です。

配管は基礎に巻き込んで施工しました。基礎ベースの上に型枠ブロックを1段積して、基礎の強度を増しております。

こちらの型枠ブロックは土を埋め戻してしまうと見えなくなるのですが、しっかり施工しておりますよ!



ベース幅もバッチリです。



ブロックを積み終わりました。

桝部はブロックを切り欠いて上手く納まりました。

 

裏から見るとこんな感じです。



門袖前は植栽スペースとなるのベースは後ろ側に来るように施工しております。

埋戻し後はこちら。



型枠ブロック基礎はGLより下になり見えなくなります。

完成までもう少し、お引き渡しまで責任を持って工事を進めさせて頂きます。

話が少し変わりますが、建物メーカー以外でエクステリアご計画中皆さま、エクステリアの図面は建物メーカーさんにお見せ頂いておりますか??

桝の位置・水道メーターの位置・配管ルート・配管の埋込深さなどの設備工事は、足場がバレた後に工事を行う事が多いので

建物着工後でもエクステリアの計画に合せて変更してい頂ける場合もあると思います。

ご依頼中のエクステリア業者さんにご相談すれば、建物メーカーさんと直接話をしてもらえるかもしれません。

弊社ではもちろん相談可能ですw

より良い家造りを応援させて頂きます!

 

Koikawa

Adenia globosa

 

 

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社

こんにちは、齋藤です。

最後の庭園は、最もなじみの深い日本庭園についての紹介です。

実際の日本庭園を、楽しまれたことがある方も多いのではないでしょうか。

日本庭園の様式の1つである、枯山水では

砂で海や川を表現し、岩で島を表しています。

目で見た自然をそのまま再現するのではなく、精神的に見せ、鑑賞者に想像させます。

自然と人工の境界を無くそうとすることで、人工物が自然になるという考えです。

 

アジアは回遊式庭園です。

空間を歪める操作を行うことで、物理的意識から、精神的意識への移行を図ります。

庭園の中での自然と人との融合は、生命の根源を表し、宇宙的広がりを持ちます。

壮大な文章になってしまいましたが、茶室にも共通する表現があります。

茶室の狭い入口をくぐって中へ入ると、中が広く感じます。

茶室には直角の角が無く、土壁で緩やかなカーブを描くように塗られています。

輪郭をハッキリさせないことが、空間の広がりと、広い宇宙への繋がりを感じさせます。

 

世界中の庭で、水はとても重要な役割を果たしていました。

ヨーロッパ:権力の誇示としての水

イスラム:楽園の象徴としての水

日本:風情としての水

エクステリアには様々な方法で水を取り入れることができますが、

雨の日はどのように過ごすのか、雨を利用する方法を考えてみるのも、イメージが膨らむと思います。

 

私は、ヨーロッパの庭園は、写実的な絵画、アジアの庭園は抽象画というイメージを持ちました。

地域性で相反する考えや、共通する表現があって面白いと思いました。

体験するためのエクステリア、見るためのエクステリアと常に視点を変えることが大切だと感じます。

◆前回まで

世界の庭-イタリア編1-

世界の庭-イタリア編2-

世界の庭-フランス編-

世界の庭-イギリス編-

世界の庭-イスラム編1-

世界の庭-イスラム編2-

世界の庭-中国編-

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社

おはようございます、村山です。

久しぶりのブログ更新です。先日、植木屋さんと

畑を廻って・・・その話を書こうと思いつつ、

バタバタしていて、全く書けず・・・でした。。

この間、会社の庭はというと、ライバルに完全に敗北し(鳥に狙っていた

ジューンベリーの実を全部食べられました)、カシワバアジサイの花が咲き、

フェイジョアの花は散ってしまい(人工授粉の機会を失いました・・・)、

ヒメシャラの花は咲き、発見した2cmくらいの子カマキリを手のりさせて

(遊んでもらって)みたり、季節の移り変わりを実感していました。

・・・という感じでしょうか。『全然、ブログ書く時間あるじゃん??』とは

言わないでくださいね~!苦笑

LIXIL 美彩 ②

話は戻りまして、月末から着工するお客様のシンボルツリーを探しに

先日、畑を廻ってきました。同じ名前の樹木でも、個性というか、

形がそれぞれ異なります。自分の目で見て、植える樹を探す。

これからも大切にしたいと思いました。

LIXIL 美彩 ①

それから、先日、メーカーの営業さん(LIXILさん)が新商品(美彩シリーズ)を持って、

弊社にご来社頂きました。こちら、鏡面仕上げ(ミラー仕上げ)なのです。

庭に置くと植栽が映り込んで、とても綺麗です。以前、エキシビジョンで

ご紹介頂き、その時から気に入っていたカッコ良さです。

LIXIL 美彩 ④

先程の植木もそうですし、照明や、石などもそうなのですが、

やっぱり、自分の目で見てみること、感じることを大切に

しようと思いました。サンプルや、新商品の展覧会など、

お客様の為に、まずは、自分が知覚することをキッチリ

行おうと思いました。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社

1 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 149