1 2 3 4 5 6 21

こんにちは、齋藤です。

 

以前の記事で、「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」

という映画を紹介しました。

アイリーン・グレイというデザイナーのドキュメンタリー映画も

上記の映画公開を記念して上映されるそうです。

「アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー」 ←YouTubeでの予告編へ飛びます。

アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー

予告編では、「彼女は未来のデザインを予測していた。」

「この家具が本当に自分の生活にふさわしいか。」という言葉があります。

 

いつの時代の人が見ても新しさ・心地よさを感じることができる

デザインがずっと残るものだと思います。

 

リフォーム産業新聞に「新興プラスチックス、新宿伊勢丹に期間限定ショップをオープン」

という記事がありました。

アクリル素材の椅子を販売していたようです。

アクリル素材の椅子といえば、私は倉俣史朗ミス・ブランチが思い出されます。

こちらも座り心地はあまり良くなさそうですが(笑)、

1度見たら忘れられない美しさです。

ミス・ブランチという名称も、「欲望という名の電車」という映画の主人公の名前です。

ヴィヴィアン・リーが演じていました。

「風と共に去りぬ」での、はつらつとした演技とは雰囲気が全く違った役柄でした。

是非、ミス・ブランチの椅子と映画を見て

「何故このデザインにしたのだろう?」と思いを巡らせていただけたらと思います。

こんにちは、齋藤です。

先日、こんなツイートを見かけましたのでご紹介します。

 


波模様の透かしブロックはよく見ますが、

千鳥のものは初めて見ました。

このように組み合わせるのはレトロで可愛いですね。

色を塗っても可愛くなりそうです。

 

「透かしブロック」で画像検索すると、たくさんの種類のブロックが出てきます。

こういった画像を見ていると、ブラタ〇リを思い出します…。

 

こちらも波型ブロックです。

太陽エコブロックスのIMU(イミュー)です。

こちらもポップな印象です。

太陽エコブロックス イミュー

 

こんにちは、齋藤です。

静岡県沼津市にあるINN THE PARK(イン・ザ・パーク)という

宿泊可能な公園のご紹介です。(画像は上記サイトのスクリーンショットです。)

INN THE PARK

球体テントという面白いものがあります。

どうやって入るのか、中の様子はどんな風になっているのか見てみたいです。

現在、大人気のようで予約が一時休止となっているようです。

以前ご紹介しました、ガーデン・イグルーと似ていますね。

こういった場所に出向くと、

エクステリアや庭をどのように利用したいのか、具体的なイメージがわきそうですね。

私は庭で、夜空を見ながら食事や音楽を楽しむというのに憧れます。

季節ごとの魅力が合わさって、非日常感が楽しめそうです。

こんにちは、齋藤です。

先日、フランクフルトモーターショーでホンダの新しい電気自動車が発表されました。

コンセプトカーではありますが、2019年にヨーロッパでの先行発売となるようです。

ホンダ EV

電気自動車らしい、未来っぽいデザインです。^^

早く日本でも発売しないかな~と楽しみです。

電気自動車が広まると、エクステリアのデザインもそれに合わせて

未来っぽくなったりならなかったり…。笑

LIXILの高級カーポート屋根・イオリという商品がまさに未来感あふれるデザインなのですが、

残念なことに2017年3月末にて生産中止となっておりました…。

LIXIL イオリ

 

こちらは、AND THE FRIETというフライドポテト専門店のフードトラック、その名もフリットラックです。

なんだか電気自動車と似ていますね。

ころんとした形状が可愛らしくて、ポテト完成までの待ち時間に撮影しました。

ポテトは勿論、とっても美味しかったです!

外構工事 八王子

雑談/雑学

映画

2017/9/19 12:00

こんにちは、齋藤です。

 

この記事を読んで、そう言えば百日紅(さるすべり)というタイトルの映画があったなと思い出しました。

百日紅

葛飾北斎の娘・葛飾応為(かつしか おうい)の話です。

限られた映画館でしか上映されていませんでしたが、絵が好きな私にとっては

とても楽しめる映画でした。

葛飾北斎の名作が動き出す場面や、紙に描いた龍が飛んで行ってしまう場面は面白かったです。

「ハリー・ポッター」シリーズや「アメリ」、「ブリューゲルの動く絵」などの映画でも

静止画(絵画)が動き出すシーンは、初めから動画を見ているよりもわくわくしますね。

見せ方によってはホラーにもなりますが。笑

 

こちらも一部の映画館での上映となりますが、

10月14日(土)公開の

「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」

も外構からの観点で見ても面白いのではと思います。

ル・コルビュジエとアイリーン

007シリーズやキューブリックの作品も、建築や街並みに見どころがありますので、

背景に注目して見てみるのも楽しいですね。

キューブリック作品では一点透視法がよく用いられており、

人物や家具などが際立っているので、

パース図を作成するときの参考にしたいです。^^

1 2 3 4 5 6 21