1 2 3

こんばんは、鎌倉市で4月からエクステリア工事が着工いたしました!

住友不動産で建てられたO様邸になります。

塗壁とアプローチタイルは外壁に合わせたホワイトで統一し、外壁アクセントのふかし壁で使用されている、黄色味ががったグリーンの色合いにあわせた砂利とゴロタ石を使用予定です。



アクセントふかし壁の中心に、一番高さのあるウォールを配置して正面から見た場合に、全体のバランスが上手く整うようにデザインしてみました!

4月中の完成を目指してます。

ありがとうございました。

koikawa

こんにちは、ブログにて施工中の様子をお伝えしていた、鎌倉市のYさま邸が12月末に無事に完成となりました。

自然石に彩られたアプローチに、柔らかい樹形の植栽を配植したnatural exteriorに仕上がりました!

石積の壁の裏には、takashoのデザインパネルを設置。重厚感のあるマットブラック色のフレームにラストカラーのパネルを組込んだ色使いになります。

パネルの前には、アオダモとナツハゼを植栽。新緑の季節になれば緑も加わり、より一層柔らかい雰囲気が期待できると思います。



解りづらい図面と複雑な納まりにもかかわらず、とても上手く綺麗に仕上げて頂いた職人の皆様、ありがとうございました。

Yさま、写真撮影にご協力頂き有難うございました!

koikawa

こんにちは、以前施工中の様子をご紹介した鎌倉市の石積が無事に完成しました。

砂岩石ブロック積みの中に、アクセントの十和田石を組込んだデザインとなります。

十和田石は砂岩石ブロック2段ぶんのサイスで切出しして頂きました、目地幅考慮で綺麗に収まり一安心です。



この後フェンス&手摺を取付け、仕上げの植栽工事に入ります。

18日のお引渡しに向けて最後の追い込み中です!

koikawa

こんにちは、今日は鎌倉市で施工中の石積の様子をご紹介です。

今週からデザインのメインとなる壁仕上げの施工が始まりました。一番低く厚みのある壁は、重厚感のある石積仕上げとなります。

土留めも兼ねる為、中心に下地ブロックを事前に設置し、強度にも配慮した構造にしています。

今回使用する石は、アメリカ産のペンシルバニア・ベニア、近代建築の巨匠 フランク・ロイド・ライトの代表作である落水荘にも使用されている石材で色むらはありますが、深みのあるブルーグレー色の砂岩石となります。

大まかな規格サイズに成形されてはいますが、自然石なので表面には一つ一つ異なる表情があり、工場で製造されたレンガやコンクリートブロックでは表現できない

味わいのあるフォルムに仕上がります!(そのぶん施工は大変ですが・・・汗)



 

上手く目地をとりながらバランスよく施工して頂いております、まさに職人技です!!

自然石大好きなので完成楽しみにしておりますw

koikawa

こんばんは、10月末に鎌倉市でエクステリア工事が着工致しました!

古都鎌倉の雰囲気に合うしっとりとした和モダンエクステリアとなります。



自然石平板を使用したアプローチに、重厚感のあるデザインウォールを合わせ

目隠しのアクセントには、takashoのデザインパネル アルゴを使用します。

建物サッシの色がブラウン系なので、金物の色合いは基調色のブラウンと引締めるブラックの二色使いに挑戦です。

ハロウィンも終わり、今日から11月。今年もあと2か月となりました・・・早いものです。

こちらは、年内の完成を目指して工事を進めています!

koikawa

1 2 3