1 2

こんにちは、村山です。

前回のブログ更新から、間隔が開いてしまいました。久しぶりに書きます。

 

以前の大型台風の被害で、既存大谷石塀が一部倒壊した現場がありました。

理由は、脇にあった植栽が風の影響でバタつき、それが既存ブロックを

押したことがきっかけでした。既存大谷石は玉石擁壁上に、

積んでいる状態(鉄筋無し、置いているイメージです)だった為、

今回は特殊基礎を造り、そこから、鉄筋の入るコンクリートブロック(大谷石風)にて、

遣り替え工事を実施しました。

ブロック
↑こんな感じになりました。
元々、積んであった大谷石と同じものだと、鉄筋が入らない為、
鉄筋の入る二次製品のブロックを使用しました。下から、鉄筋を
立ち上げたガッシリ基礎を作り込み、そこにブロックを積みました。
下が玉石擁壁だった為、特殊基礎となっております。
完成した状態だと、分かりずらいので、基礎工事中の写真も撮ってきました。

kiso2
↑整然と並んだ鉄筋、縦筋は400ピッチです。弊社は縦筋を40cmピッチで工事を実施します。
これは、大手ハウスメーカー同等の仕様です。業者さんによっては、縦筋を80cmピッチで
工事するところもあります。施工費は上がってしまうかもしれませんが、
鉄筋はブロックの骨にあたる部分ですので、安心施工の40cmピッチをオススメ致します。
また、基礎からシッカリ工事しておくと、台風だけでなく、地震でも安心です。
完成してしまうと見えない部分となりますが、そういった見えない部分の工事こそ、
お引渡し後のことも考慮すると、大切だと思います。

 

kiso4
↑個人的には、ここがツボです。特殊基礎のコンクリート打設の為に、
組まれた枠です。丁寧で、綺麗で、バラすのがもったいないと思いました。

 

おおや
↑サンプルで取ったブロックです。結局、真ん中の商品を使いました。
このブロック、こちらはハーフサイズですが、フルサイズになると、
1本が58キロです(今回はフルサイズを積んでいます)・・・自分で
持って実験してみたのですが、私だと持ち上げるだけで精一杯で、
これを綺麗に積むのは・・・職人さん、すごいです!!

 

台風被害の場合、火災保険に入られているお客様は、遣り替え工事や補修工事など、

保険でまかなえることが多いです。案外知られていないのですが、

万が一の為の保険ですので、一度、保険会社様に聞いてみてはいかがでしょうか。

他にも、フェンスの倒壊、植物の倒れ・・・など、今回の台風は

いろんな話を聞きました。弊社で工事をされていないお客様でも

遣り替え工事など対応しておりますので、お問合せ頂ければと思います。

こんばんは、星です。

先週より施工しておりました鎌倉市の幼稚園でブロック塀の耐震補強工事が完成いたしました。
張り物の石をカットして段差を処理するのに時間がかかってしまいましたが綺麗に収まりました。

CCCAC383-102A-4C47-9137-89EC4CEEC32D

なにより耐震性がアップして安全になりました。
園児たちが怪我をしないようにボルトの頭を袋ナットにしたり、フィットパワーの足のチャンネルは地中に埋設して躓かないようにしたり。
夏休みが終わり明日から園児たちが登園です。
間に合ってよかったです!

6473C14C-8BA1-484C-B424-3117DA05A3A1

こんばんは、星です。

今日は鎌倉市でブロック塀の耐震補強工事スタートです。
幼稚園の正門で、傾きなど劣化は見られませんが園長様がご心配で念には念をということでご依頼いただきました。

耐震補強方法については、何度かご紹介しております、ダイリンフィットパワーです。

82C1894C-8797-4A02-8A0E-A85D9239B0CF

耐震性能の検証実験データをもとに施工基準がしっかり設定されている商品です。

917E7A18-B38E-4F2F-B570-F62103AF76A3

子供達が夏休み中に施工完了目指します!



こんにちは、村山です!

昨日に引き続き、今日はFITパワーの工事にお伺いして参りました。

昨日のブログを読んでいない方の為・・・、あらすじ(?)を。

FITパワーとは、大林株式会社様が開発した、既存エクステリアの

耐震補強を行う画期的な商品です。昨日、現地で位置出し→穴掘り→仮組み

を行い、今日はボルトの増し締め、地中杭の施工、そして、基礎コンクリート

打設を行いました。

G
↑ボルトの増し締め。19mmのソケットが必要です。

AB
↑地中杭です。ゴツくて、すごくシッカリとした安心感があります。
正式名称はロックボルト杭基礎工法といいます。カッコイイ名前と思うのは
私だけでしょうか??笑

CDE
↑コンクリートを練っていきます。今回は標準仕様で工事しました。
標準仕様の場合、コンクリートです(モルタルでは強度が出ません)。
これを見せたくて、骨材の写真を撮ってみました。

F
↑流し込みます。少しだけやってみたのですが・・・職人さん達に甘えてしまいました。
カメラ係ということで・・・笑

H
↑こんな感じになりました。固まってから、上に土を戻しにお伺い致します。

I
↑道路側から見ると、亜鉛メッキのプレートが綺麗でした。

FITパワー工事記録でした。あとは、養生期間が過ぎれば、

安心です。K様、この度はありがとうございました!

明日もお伺い致しますので、引き続き、よろしくお願いいたします!

なお、今、既存ブロックの耐震をお考え中のお客様、

是非、大林株式会社様のFITパワーをご検討してみては、

いかがでしょうか。狭小地だと、ブロックのやり替えが

難しいのが実際の為、すごく画期的な商品だと思います。

なお、大林株式会社の商品で、耐震ゲートのFITゲート、

耐震ウォールのFITウォールという商品もございます。

こちらも、弊社の方で、施工しておりますので、

今度、改めて、ブログ記事UPしていきますね。

こんばんは、村山です。

今日は、耐震エクステリア、耐震ブロック・・・以前、ご紹介しました、

既存ブロックの耐震の為のFITパワー工事に行って参りました!

1
↑大林株式会社様の商品です。この頃、よくお問い合わせを頂いております!

2
↑まず、位置を決めてから掘り出します。

3
↑ザックリ掘った段階で、抱きスコでボルトの位置を増し掘りします。

4
↑掘る事、1M。地道な作業ですが大切な作業です。汗が滝の様に溢れてきます。
途中で、岩盤層に当たりました。こちらの地盤は3層にわかれていました。
1Mも掘れば、地層の違いも納得です。

5
↑掘ってみて、途中で何かあると思い、よーく見てみると、
給水管でした(真ん中のやつです)。ビックリしました。慎重に、土を崩していきました。

6
↑ブロックに、ボルトを通す穴を開けてもらいました。
これで、前と後ろからガッツリ抑え込みます。

7
↑仮に据えてみました。今日の工事はここまでです。

一番の難関は土の削孔でした。最後の方、腕がプルプルしてました。

早くも筋肉痛がきています・・・苦笑

今回は、深さ1Mの仕様で考えておりますが、現場ごとによって、

深さは異なります。その場合は、FITパワーのピッチが変わります。

明日は、続きの工事にお伺い致します。また、ブログ書きます。

なお、既存ブロックの耐震補強をご検討中のお客様は、

是非、お問い合わせ頂ければ幸いです。

1 2