1 2 3 4 5 6 7 8 9 32

こんにちは、齋藤です。

 

今回は、金属製品の色の変化についてご紹介したいと思います。

オンリーワンの「ザ・スタンダード」というカタログから、

機能門柱を参考にさせていただきます。

カタログ

以前、商品の展示会でサンプルをいただいたので、

外に放置してみました。

期間は、2017年12月15日~2018年2月28日までの2か月半ほどです。

実験前

写真 2017-12-15 8 23 58

写真 2017-12-15 8 23 05

実験後

写真 2018-02-28 16 38 59

写真 2018-02-28 16 34 53

写真 2018-02-28 16 35 02

「真鍮ヘアライン」と、「銅ヘアライン」の色の変化が特に顕著に現れました。

いぶしたような味わいが出てきます。

色の変化を気にされる方は、

「バイブレーション」「ヘアライン」「ブラックのヘアライン」の三種をお勧めします。

SUSと書いてあるものは、ステンレスです。

こんにちは、齋藤です。

 

最近の流行として、インテリアにアウトドア家具を取り入れたり、

外で使うような素材を、室内用の家具に用いたりする動きがあるようです。

 

 

記事の中で気になったのは、「世界初の柔らかい洗面ボウル」です。

ウレタン製で柔らかく、色展開も豊富だそうです。

外で使用できるのか不明ですが、ポストのアクセントカラーになる役割と同様に、

ポイントになるような色の洗面ボウルは、ポップな印象があります。

 

もう1つは、イン&アウトファニチャーとして紹介されている「ホッパーベンチ」です。

まさに、内と外の境界が曖昧になるような家具です。

記事内の写真がとても素敵です。

こんにちは、齋藤です。

 

紙me1

先日、神保町で行われた紙のイベントに行ってきました。

紙型(しけい)という、活版印刷に実際に使われていた型紙がありました。

自由に手に取ったり、撮影することができました。

この紙型に、溶かした鉛を流し込んで鉛板を作り、印刷していたそうです。

紙で行っていたなんて驚きました。

紙me4

紙me7

 

他にも、最新の技術で装飾された紙がたくさん展示や販売されていました。

紙me2

パチカという商品は、プレスした部分は透明になる特殊加工です。

かなり細かい模様までプレスできるようです。

こんな名刺を貰ったらテンションがあがります。

弊社だったら、乱形石などエクステリア関連の模様でプレスしたらお洒落なのでは?と思いました。

 

紙me5

紙me6

時期的に、バレンタインが近かったので、ラッピング用に「こより和紙」を購入しました。

公式HPの方には、窓に張ったりタペストリーとして活用していたり、

透け感をいかした使い方をしています。

紙は自由度が高いので、デザインを考える際の良い刺激になります。

アクリル和紙というものは、外でも使えるようなので、それを使用した照明器具や表札ができたら楽しいと思います。

 

こんにちは、齋藤です。

まだ少し先ですが、春の訪れを感じられるイベントが

横浜赤レンガ倉庫で開催されるようです。

 

FLOWER GARDEN

場所:横浜赤レンガ倉庫

3月31日(土)~4月22日(日)入場無料

ライトアップ 18:00~24:00

以下引用

横浜赤レンガ倉庫 FLOWER GARDEN

引用終わり(出典:上記リンク)

 

1か月近くやっているようなので、休日に行ってみたいです。

アプローチや庭の花壇に、どんな花を選んだらいいのかの参考になりそうです。

また、ライトアップの時間もあるので、1日に2回訪れてみるのもいいかもしれません。

食べられる花を使った料理は、見た目が綺麗ですね。

 

東京駅のザ・カンパネラ カフェにも、エディブルフラワーを使ったレモネードがあります。

そちらは、レモン汁を入れると、青からピンクへ色が変化するのも楽しめます。^^

ブルーレモネード1

ブルーレモネード2

こんにちは、齋藤です。

 

先日、こちらの記事を読んでいて、インテリアの話ではあるけど、

エクステリアにも同じことが言えると思ったのでご紹介します。

 

 

同じ系統の色で揃えて統一感は出ても、

ぼやけた印象にならないようにするコツなど参考になりました。

異なる色の木材を組み合わせるときは、間に異素材を挟むなど、

すぐに試してみたいテクニックです。

 

色の組み合わせで言うと、こちらの記事でのタイルの配色が遊び心もありつつ

バランスよく見せていると思います。→相模原市 住友林業さん 完工

1 2 3 4 5 6 7 8 9 32