1 2 3 4 5 6 7 8 33

こんにちは、齋藤です。

 

先日、東京ビッグサイトで行われた

EXE2018(エクステリアエキシビジョン2018)に行ってきました。

・YKKap

今年も実験的な商品を用いた展示を行っていました。

装飾パネルや、ガラス製品が綺麗でした。

YKKap1

YKKap2

YKKap3

YKKap4

・東洋工業

シャルドブリックペイブ

コンクリート製品ですが、レンガの欠けの風合いを忠実に再現しています。

カタログよりも、実物の方が断然良かったです。4色展開です。

東洋工業1

(↓カタログ画像)

東洋工業3

東洋工業4

スレンダーウォール

門袖や花壇用の組積材です。

最上部の笠置も同じデザインで違和感ありません。5色展開です。

東洋工業2

(↓カタログ画像)

東洋工業5

東洋工業6

・LIXIL

秋頃発売予定の、宅配ボックスの新商品が展示されていました。

扉内に、郵便用ポストと、宅配ボックスがあります。

現段階では、前入れ前取出し仕様のみでした。

LIXIL1

LIXIL2

こちらも秋頃発売予定の、エッジビームライトです。

LIXIL3

門袖の笠置部分に設置できます。

 

・タカショー

LEDの裸電球のようなデザインの照明です。

タカショー1

透明部分はプラスチックで出来ていて、

ガラスのように割れる心配は無さそうです。

近年、こういったLEDのジュエリーライトが流行っていますね。

タカショー2

タカショー3

細身のLEDライン照明もありました。

壁に反射しているのも綺麗です。

グランドライトというと、丸い形のものが主流でしたが、

シンプルモダンな雰囲気に合いそうです。

 

・四国化成

カーポート屋根:マイポート7

四国化成1

四国化成2

展示してあるのは、ステンカラーとブラックでしたが、

カタログによると、木調色など色展開が豊富です。

一緒に展示されていた車と雰囲気が合っていて、

余計なものを排除したデザインは、とてもスタイリッシュです。

ステンカラーの黒ライン部分を近くで見ると、このような模様でした。

四国化成3

(↓カラーラインナップ)

四国化成5

四国化成6

 

こんにちは、村山です。

ここの所、以前、工事して頂いたお客様に連絡させて

頂いたり、お伺いさせて頂いたりしております。

お伺いする前は、いつもドキドキです(笑)。

特に、植物なのですが、枯れていないか、

夏の暑さは大丈夫か、冬の寒さは大丈夫か・・・など

色々と気になってしまいます(笑)。

でも、久しぶりにお会いするお客様と会話してみると、

不思議と皆様、植物をかわいがっていただいていて、

こちらもとても嬉しくなってしまいます。

『植物にここまで、ハマるとは思わなかった』

以前、お客様に声かけて頂きました。

植木

植える前は不安かもしれない、でも、いざ植えてみると、

かわいくてたまらなくなる様です。

私共は、シンボルツリーを探しに、畑まで行っております。

先日も、畑で気に入った樹形を探す為、色んな畑を梯子しました。

一度廻って、もう一度、前の畑に戻って・・・(笑)

だから、なおの事、かわいがってもらうと嬉しいのです。

もし、こちらを読まれているお客様で、例えば、

使わない庭空間があるとしたら、樹形の綺麗な樹を

入れてみてはいかがでしょうか。

そこをライトアップしたり、デッキを作ったり・・・、

日々の生活にメリハリが出るかもしれませんよ??

まずは、お問い合わせ頂ければ、一件一件、オーダーメイドの

デザインにて、提案させていただきますね。

お気軽にお問い合わせください。

こんにちは、齋藤です。

前回に引き続き、宅配ボックスのお話です。

 

パナソニックのコンボシリーズでは、

ボックスの中に、誤ってペットやお子様が入ってしまっても

中から力がかかると開く仕組みになっています。

 

また、警備会社のセコムから発売されている

「セコム あんしん宅配ボックス」には、

・荷物の投函をスマホに通知

・こじ開けなどの不正があった場合は、緊急対処員が急行する

・万が一盗難被害に遭った場合は、損害補償にも対応

というサービスがあります。

(※取付工事はセコムが行います。)

 

こちらの記事に詳細があります。

宅配ボックス セコム

パナソニックの宅配ボックスの話に戻りますが、

コンボ用デザインパネルが

株式会社エクスタイルから発売されています。

宅配ボックス デザインパネル

外構に溶け込むデザイン、若しくはポイントとして目立たせることができます。

マリメッコなどのテキスタイルデザインが増えると、更に嬉しいですね。

 

 

こんにちは、齋藤です。

宅配ボックスについては、何度か記事を書いてきましたが、

今回は別の角度から書いてみようと思います。

 

現在ほどの普及が無かったころは、

宅配ボックスの設置には電気工事が必要で、後から設置するというと

大がかりな工事となっていました。

今では、電気を必要としない機械式宅配ボックスなので、

お庭のリフォーム工事と一緒に気軽に設置することもできます。

 

宅配ボックスの問題点について、いくつか調べてみたところ、

宅配業者によっては、せっかく設置しても

宅配ボックスに入れてくれないということがあるようです。

 

・指示なく宅配ボックスを使用したことへのクレーム

・中身を第三者に抜き取られてしまった

・表札が無く、受取人が確認できなかった

・宅配ボックスへ入れられない商品だった(食品など)

などの理由で、初回の配達では宅配ボックスを使用しない宅配業者もあるようです。

 

再配達に来られた配達員の方や

通販での注文時に「不在時は宅配ボックスへお願いします。」という依頼をすれば

次回からは宅配ボックスへ入れてくれるそうです。

通販サイトでの注文時に伝える場合は、住所欄や備考欄へ記入することをお勧めします。^^

こんにちは、村山です。

会社に植えているレッドドラセナ、一気に大きくなりました!

あかどら

コルジリネというやつです。小さい時は鉢に植えて、

アクセントにしてもカッコイイ植物です。

この子は、着た時、確かH1.5ぐらいだったのかな・・・、

この一年ぐらいで急にブーストがかかった様に

大きくなりました。植物は不思議ですね。

ドラセナ1本あるだけで、空間がリゾート風に

なりますので、リゾートやバックヤード風を

目指されているお客様にはオススメです!

また、ブログ書きます。

1 2 3 4 5 6 7 8 33