1 2 3 4 5 6

おはようございます、村山です。

今日でブログ更新三日目です。ということは・・・連続更新の新記録です!笑

さてさて、今度、工事するお客様の為にサンプルを準備していました。

エリアボーダー彩①
↑この違い、わかりますか??

エリアボーダー彩②
↑こうするとわかりやすいですよね??

名古屋モザイクさんのエリアボーダー彩というタイルです。紙ベースの図面だけでは

わからないのですが、同じタイルの同じ白でも、マットな白、キラキラ輝く白とがあります。

外構工事をする上で、形に対するこだわりも大切ですが、質感へのこだわりも同じくらい大切です。

一度、工事をすると、中々やり替えが効かないので・・・お客様に見て頂こうと、ご用意していました。
↑同じタイルの施工現場です。町田市です。
こちらの色だと、ナチュラルな雰囲気です。
エリアボーダー彩を使うと、綺麗な印象にまとまります。

エリアボーダー施工事例 @相模原市
↑同じタイル(エリアボーダー彩)を使った施工事例です。相模原市です。
タイルの色と、コルジリネ(植物)のマッチが良い雰囲気ですよね!?
こちらは南国雰囲気のエクステリアです。

弊社HPに他にもエクステリアの事例は掲載されております。

今回、ご紹介させていただいた2件とも、別カットの写真も掲載しています。

もちろん、エリアボーダー彩以外の事例もありますよ、念の為!笑

(↑このままブログを終えると、エリアボーダー彩の人になってしまうので・・・笑)

こんにちは、齋藤です。

先日青山へ行く機会がありました。

青山へ行くと必ず立ち寄る、屋根裏部屋のような雰囲気のカフェがあります。

そのお店のオレ・グラッセというコーヒーがとても美味しいです。

グラスを傾けて飲んでも2層のままの不思議なコーヒーです。

オレ・グラッセ

今回ご紹介するのは、相模原市 I様邸です。

2層の配色の門袖を用いたシンプルモダンなエクステリアです。

お住まいの配色と合わせて、下部の白色部分を多めに取っております。

この面積比によって重量感が異なってくると思うのですが、いかがでしょうか。

一般的に、人の目は色の明度が高いと「軽く」感じ、低いと「重く」感じます。

今回の門袖は絶妙なバランスで配色されていると思います。

ポストや表札、表札下のアクセントバーなどの黒色がポイントとなり重厚な雰囲気です。

ニューサイランも銅葉のものを配置しており、より深みが出ています。

植栽の影が門袖に映った様子も是非見てみたいですね。

I様 写真撮影にご協力いただき、ありがとうございました。

相模原市 I様邸

 

 

こんばんは!

今日は1月に完成した相模原市の現場をご紹介します。

白を基調にシンプルモダンでまとめたファサードのY様邸。

その中で、ブロックフェンスで囲まれたプライベート空間は、

心の和む少しナチュラルな雰囲気に仕上がりました。

こちらになります!!
1

テラスで使用した自然石調のタイルと木目調のタイルを貼ったベンチの素材感が

シンプルモダンな印象を少し和らげてくれた・・・かな と思います。

フェンスはH600の横桟フェンスを使用。程よい目隠し感で縦桟の入らない

すっきりしたフェンスです。

また、柱を間柱にすることですっきり感がUP!

確か三協さんの商品です、お勧めですよ!

植栽は門袖横にはシマトネリコ、テラスにはフェイジョアを植えました。

フェイジョアの花が咲くのが楽しみです。

Y様 写真撮影にご協力頂きありがとうございました。

koikawa

 

 

 

こんばんは。星です。

新年初投稿です。

本年もよろしくお願い申し上げます。

新年1件目の完成現場、

相模原市で施工させて頂きました、

シンプルモダン エクステリアです。

車庫スペースを小さめにしてお庭を広く

デザインしたのが特徴です。

image image

細部にこだわった部分がありますが

詳細は後日担当デザイナーより報告します!

Y様、ありがとうございました‼︎

シンプルモダンが続いておりましたが、

2月は和モダンエクステリア三連続‼︎

もしかしたら四連続⁈

そして少し優しい感じのシンプルナチュラルが

スタートです。ご期待ください‼︎

おはようございます。村山です。
完工物件のご紹介です。

相模原市のH様邸です。
建物に雰囲気を合せてご提案してみました。
H様邸ですが、タイルの色や外壁のグレーの具合など、
当初のご提案段階では不明な状況でのご提案作成でした。
その為、黒で攻めてみたり、白で攻めてみたり、何種類か
作成してみました。それぞれにそれぞれの良さは
あると思うのですが、やはり一番は、建物に
雰囲気が合う事・・・つまり今の色味かと思われます。



ちなみに、とても余談ですが、黒攻めのプランを作成した際、
最後にニューサイラン(下草)を赤にしてポイントで
アクセントにしたのですが、これもニューサイラン・ブラックとか
そんな品種を誰か開発してくれないかな~と思ってしまいました。
コクリュウという黒い下草はあるのですが、あの葉の硬さ、
空間を切り裂くシャープでロックな雰囲気のニューサイランに
もしブラックがあったら、絶対カッコイイと思います。
例え、世界中の誰も買わなくても、僕は買います!生産農家さん、
是非、開発してください。あと、あまり高くしないでくださいね・・・念のため。

H様邸では銅葉のニューサイランでしたが、
この様な、斑入りのタイプもございます。
ニューサイラン・バリエガータ↓


話が反れました。形や色を変えるだけで、エクステリアは雰囲気が
変わります。今、ご検討中のお客様は、是非、ご相談下さい。
例えば、本体さんのそのエクステリアプラン・・・弊社だとどうなるか・・・??
プランに関しても一期一会です。中々やり替えが効かないからこそ、
ご依頼頂ければ、心を込めて、ご提案と工事を致します。

H様、この場をお借りしまして、ありがとうございました!

1 2 3 4 5 6