1 2 3 4 5 6

こんにちは、村山です。

相模原の現場です。ここの所、通っています。

毎日、工事の進捗が進んでいくのが楽しくてたまらないです。

今日は、カーポート工事の為、朝から立ち合いでした。金物屋さんには

8時半~と約束していたのですが、テンションがMAXになってしまいまして、

明け方、目が覚めてしまい、とりあえず、現場行くか、と(笑)

結果、誰もいない時間帯に現場に着いてしまいました。

IMG_8132
↑職人さんが上がる前、スコップを種類を合わせて重ねて行ったようです。
こんなところまで綺麗に・・・うれしくなってしまいました。

一人静かに、図面と現場を見比べてみました。

今、出来ている部分、頭の中で描いている部分と比較したり、

ジョリパットのサンプル準備の色出しを行ったり、

スゴク充実した時間でした。

IMG_8140
↑この小さい色サンプルから色を出して、大きいサンプルを準備します。

自分、基本、朝が苦手なタイプなのですが、早起きは三文の得の

意味を確認できた気がします。これからも、こういう時間を

大切にしようと思いました。

 

こんにちは、村山です。

昨日に引き続きまして、ブログの更新です。

見てください、こちら↓

IMG_7980

ザ・岩盤です!相模原の現場からです。

土を掘っていったところ、地層が岩盤だったため、

ゴロゴロと出て参りました。それにしても、すごい光景です。

重機とピックでガンガン崩しながら掘り進めます。

配管が通っていて、掘れない箇所は、大きい石はピックで

崩して、後はスコップでガンガン当てながら、掘っていきます。

自分も、職人さんからスコップやピックを借りてみました。

少し作業しても、全然進まず・・・。。。

このピックだけでも(今回は大きいタイプだった為)18kgあるのですが、

職人さんは軽々と持ち上げて、連続でガンガン崩していて、

尊敬の眼差しで見てしまいました。

また、ブログ更新します!

おはようございます、村山です。

ご無沙汰しております!

ここの所、ブログを書いておりませんでした。久しぶりに投稿します。

今月より、相模原にて、工事がスタートしました。

相模原市

実は、以前、ブログにも『このデザインにチャレンジしたい!』みたいに

書いていました、3色タイルのデザインです。この度、お客様に

気に入って頂き、工事させていただくことになりました!

相模原市②

建物がカッコイイですよね!住友林業さんの建物です。

デザインを行っている段階で、建物の凸凹をうまく利用して、

凸凹門袖の表現も考えました。また、フローティング階段プランも考えました。

いろんなデザインを考えた上で、最終的にこちらのプランになりました。

個人的には、スゴク気に入っているデザインです!(笑)

まだ、解体工事・土工事の段階ですが、毎日、ワクワクしております。

F様、いつもありがとうございます!

こんにちは、村山です。

久しぶりのブログ更新です。

怒涛の(?)GW前の工事ラッシュが終わり、ここの所、

私は一息ついておりました。先程、写真の整理をするため、

携帯の写真を見てたのですが、現場写真しかない・・・

ということで、少し、工事中の写真を何枚かUPしようかなと思います。

まずは、濃川チーフがデザインした、相模原の現場からです。

以前、チーフがブログに書いていた、フローティング階段の現場です。

ジャンクションボックス

電気工事の立ち合いに行った時の写真でした。こちらは、ジャンクションボックスです。

建物から来ている電気をここに集めて、ここから、分岐させる形で工事をしております。

今回はスパイク型にして、ゴロタ石+植栽で隠す形で納めました。

植栽工事が終わった後、掃除をしながら夕暮れを待ちました。

スポットライトの調整の為です。最後、こんな感じになりました(※表札は加工しています)↓

相模原ライト

お客様が帰ってきて、驚いて頂けたら幸いだなと思いつつ、この日は現場を出ました。

詳細は担当デザイナー・濃川チーフより改めて・・・!

こんにちは、4月になり日々暖かくなってきました。桜も満開を迎え週末は絶好の花見時期でしたが、生憎の雨のち曇りで残念ですね・・・

今日はフローティング階段施工の様子をご紹介です。

フローティング階段とは、蹴上を踏み面から数センチ浮かせて見せるデザインで、通常の階段を施工するのに比べて2.5倍~3倍程度の費用がかかってしまいまが、ハイコストに見合う存在感と美しさを兼ね備えています!すべての階段をフローティングにしなくても、正面から見た時に視線に入るフロアーだけフローティングにするのもお勧めです。

水勾配・タイル割りを計算した追出しと、複雑な枠組みによる職人技がこちらになります☟



 

仕上がりで蹴上は約100mm・床の厚みは80mmで、20mmのフローティングとなります。

koikawa

 

1 2 3 4 5 6