1 2 3 4 5 6

こんにちは、齋藤です。

前回に引き続き、相模原市のO様邸のご紹介です。

アプローチには、三楽 フォレスト・ペイビング/フラット

300×300と300×600の大きさをミックス貼りしています。

ぐっとナチュラルな雰囲気が出てきました。

SONY DSC

SONY DSC

機能門柱は、YKKap ルシアスポストユニット BW02型を使用しています。

SONY DSC

SONY DSC

様々な組み合わせができますので、建物外観に合ったものを選ぶことができます。

今回は、玄関ドアの装飾とお揃いにすることができました。

SONY DSC

↑玄関ドアの装飾部分。

SONY DSC

水はけを良くするため、玄関ポーチ際にV型の溝が入っています。

水勾配は勿論取りますが、

その他にこういった溝や砂利目地などで、水を逃がすこともあります。

SONY DSC

次回は、いよいよガレージ内のカラクリートの施工をご紹介しようと思います!

こんにちは、齋藤です。

お盆休み前は中々ブログを書く時間が取れず、更新頻度が減ってしまいました…。

今回ご紹介するのは、相模原市 ホームスタイリングの建物での物件です。

(以前にも、同じハウスメーカー様でのエクステリアを施工いたしました。→

 

建物外観はシンプルでありながら、

少し変わっていて目を引くデザインとなっています。

相模原 HS 2

ガレージ内には、既に下地コンクリートが打ってあります。

アプローチ、ガレージ前の土間を打つ前に、

地面の高さ(レベル)を決めるため、水糸を貼ります。

少し見え辛いですが、矢印が示している部分です。

相模原 HS 4

相模原 HS 5

完成イメージはこのようになります。

画像 # 8

次回の更新で、玄関周りや機能門柱についてもご紹介していきたいと思います。

 

こんにちは、村山です。

相模原の現場です。ここの所、通っています。

毎日、工事の進捗が進んでいくのが楽しくてたまらないです。

今日は、カーポート工事の為、朝から立ち合いでした。金物屋さんには

8時半~と約束していたのですが、テンションがMAXになってしまいまして、

明け方、目が覚めてしまい、とりあえず、現場行くか、と(笑)

結果、誰もいない時間帯に現場に着いてしまいました。

IMG_8132
↑職人さんが上がる前、スコップを種類を合わせて重ねて行ったようです。
こんなところまで綺麗に・・・うれしくなってしまいました。

一人静かに、図面と現場を見比べてみました。

今、出来ている部分、頭の中で描いている部分と比較したり、

ジョリパットのサンプル準備の色出しを行ったり、

スゴク充実した時間でした。

IMG_8140
↑この小さい色サンプルから色を出して、大きいサンプルを準備します。

自分、基本、朝が苦手なタイプなのですが、早起きは三文の得の

意味を確認できた気がします。これからも、こういう時間を

大切にしようと思いました。

 

こんにちは、村山です。

昨日に引き続きまして、ブログの更新です。

見てください、こちら↓

IMG_7980

ザ・岩盤です!相模原の現場からです。

土を掘っていったところ、地層が岩盤だったため、

ゴロゴロと出て参りました。それにしても、すごい光景です。

重機とピックでガンガン崩しながら掘り進めます。

配管が通っていて、掘れない箇所は、大きい石はピックで

崩して、後はスコップでガンガン当てながら、掘っていきます。

自分も、職人さんからスコップやピックを借りてみました。

少し作業しても、全然進まず・・・。。。

このピックだけでも(今回は大きいタイプだった為)18kgあるのですが、

職人さんは軽々と持ち上げて、連続でガンガン崩していて、

尊敬の眼差しで見てしまいました。

また、ブログ更新します!

おはようございます、村山です。

ご無沙汰しております!

ここの所、ブログを書いておりませんでした。久しぶりに投稿します。

今月より、相模原にて、工事がスタートしました。

相模原市

実は、以前、ブログにも『このデザインにチャレンジしたい!』みたいに

書いていました、3色タイルのデザインです。この度、お客様に

気に入って頂き、工事させていただくことになりました!

相模原市②

建物がカッコイイですよね!住友林業さんの建物です。

デザインを行っている段階で、建物の凸凹をうまく利用して、

凸凹門袖の表現も考えました。また、フローティング階段プランも考えました。

いろんなデザインを考えた上で、最終的にこちらのプランになりました。

個人的には、スゴク気に入っているデザインです!(笑)

まだ、解体工事・土工事の段階ですが、毎日、ワクワクしております。

F様、いつもありがとうございます!

1 2 3 4 5 6