1 2 3 4 5 6 7 8 9

こんにちは、村山です。

先日、LIXILさんの授賞式に行って参りました。

IMG_9738

自然浴エクステリア部門の地区入選です。こちらが、その時の作品です。厚木の現場でした。↓

SONY DSC

SONY DSC

O様、応募にご協力頂きまして、誠にありがとうございました!

そして、この日、神奈川では二回目の雪が降りました。

IMG_9736

↑現場に向かう途中で撮った写真。躍動感があって、なぜか好きです。

IMG_9734

年末にお引き渡しした、町田市の現場です。植物達も雪をかぶっていました。この光景も美しいです。

植物達に、今は寒い時期だけれども、もうすぐ春が来るから、頑張れと思いました。

 

こんにちは、村山です。

また、前回の更新から離れてしまいました。

前回、町田市の東急ホームズさんの現場で、植栽工事を行います。

長くなるので、また、書きます・・・としていました(忘れてますよね?苦笑)。

IMG_9681IMG_9689

 

植物を植えた後の写真です。こちらの現場、既存間知擁壁の裏が見えていると

思います。実は、車庫スペースを2台という条件があった現場でした。

既存間知も構造に関わる部分は解体が出来ないのですが、

車庫も極力広く取りたい・・・花壇スペースで調整を行ってみました。

その為、2枚目の写真で植物が手前に植えてあるのはそのせいです。

このままでは、見た目のバランスが・・・と思い、今回、砂利でバランスを取ってみました。

IMG_9701IMG_9702IMG_9703

この化粧砂利が入るだけで、一気に華やかになりますよね??

これが砂利のパワーです。お客様に砂利の金額はよく驚かれる(高い)のですが、

空間を彩りを与える大切なマテリアルです。やっぱり、これが入るだけで、一気に変わるんです。

青っぽい化粧砂利はイギリスの砂利(三楽 ブルースレート)。

白い丸っこい砂利はフランス産(三楽 ニューフレンチコブル)です。

ポットの中の玉砂利はインドネシア産(三楽 ホワイティペブル)です。

よーく見て頂くと、フランス産の丸っこい砂利を擁壁側にズラしたりしているのですが・・・、

実は、これで視覚のトリックを狙いました。先程の話で、諸々の条件で花壇の土のスペースを

取ることができず、結果的に、植物は手前にしか植えることができませんでした。

しかし、奥にコブルを自然に置くことで、視点の位置をズラしています。

知らない内に、奥の空間にも目が行くように、狙ってみました。

この日、仕上げ工事で訪れていたのですが、植物に水を上げていた際、

丁度日が射してきました。植えた植物達(今回は、直接買い付けに

行ったり、色んな土地から送ってもらったり、こだわって選びました)は、

陽を浴びて、風になびいて、すごく気持ち良さそうでした。

こだわりの化粧砂利にも水がかかって、砂利は紫色に発色し、植物と共に空間全体が

キラキラと輝き出しました。その瞬間、特別な気分になりました。

やっぱり、この化粧砂利で良かった。この植物を選んでよかった。

後は、お客様に喜んで頂きたい、最後までシッカリ気を抜かないでいこう。

(この時はお引き渡し前でしたので)そう思いました。

追伸:K様先日は、ありがとうございました。今度、完工写真の撮影に

伺います。今後共、よろしくお願いいたします。

こんばんは、村山です。

町田市 東急ホームズさんの現場です。

丁度、砂利目地工事、植栽工事の段取りを行ったとき、

タイミング良く(?)、雪が降ってしまいました。

IMG_9662

現地を確認してみた所、砂利目地部分が雪目地になっていました(苦笑)。

また、花壇の中も雪・・・、花壇に接している擁壁も雪・・・。。。

これが残っていると、植物も植えられないし、砂利目地も工事できない・・・。。。

見ていたらテンションがMAXになってしまい、片っ端から、雪をどけてきました。

最近、トレーニング不足(職人さんに『明日から、本気出します』とか言っていました)でしたが、

一気に汚名返上した気分です(笑)。

IMG_9667

そして、雪を溶かした次の日、いよいよ、植栽工事です。

長くなりそうですので、また、書きます。

施工中, 町田

UZUMAKI

2018/1/20 17:20

こんにちは、村山です。

先月から、玉川学園前にて、工事を行っております。

今回は、東急ホームズさんの建物です。全体的に柔らかい雰囲気を残しつつ、

モダンさを掛け合わせ様と思いました。今回のテーマは『UZUMAKI』です。

そこまで、激しく渦は巻いていないのですが(笑)、とりあえず、

今回は『UZUMAKI』をテーマにご提案してみました。

全体像は、後日、UPしますが、今回は少しだけご紹介しますね。

石貼り
↑ゴージャスに石を使ってみました。今回の石は筋が入っている物が多く、
使えないものもあったため、1.3~1.4倍くらいの石を準備して、その中から選んで貼っていきました。
折角の白い乱形でしたので、今回の世界観を表現していく上で、
目地材の色も、結構、悩みました。裏でタイルテラスも造ったのですが、
実は、目地の色は違うんです(言われないとわからない、自己満です!笑)

玉川学園のお客様からお問合せを頂いた場合、毎度の様に思うのですが、

高低差のあるお土地柄な為、また、既存擁壁との絡みなど、

様々な制約があるイメージがございます。だからこそ、デザインで勝負したかった!(笑)

現在、仕上げ工事に入っております。今日も、打ち合わせの後、

植物を探しに行って参りました。早く、完成させて、お客様に

喜んで頂きたい・・・最後まで気合を入れていきます。

また、ブログ書きます。

こんにちは、村山です。

明けましておめでとうございます。

昨年、書いていた、町田市の住友林業さんのお客様の所、

無事、お引き渡しが終わりました。

正式な写真は改めて撮りにお伺い致しますが、

お引き渡し時の写真をUPいたしますね。

町田

お客様から『エクステリアには感動しました!』と

仰っていただけました!それがうれしくて、

撮って帰った写真を休み中も、何度も何度も見返していました。

町田②
↑ドアの横のしめ縄は、お客様ご自身で壁の色に合わせて塗装されたとのことです。
まだ、出来立てのエクステリアですが、お客様の生活の一部になったのだなとうれしくなりました。
モザイクタイルの壁の凹み部分ですが、以前、ブログで描いた冶具で納めました。うまく表現できました。

町田③
↑表札です。先日のブログにも書きました。
今回はスペーサーをかまさず、ベタで付けて納めてみました。
こういった細かい部分まで、弊社はこだわっております。

町田④
↑最後、照明の調整にお伺い致しました。畑に探しに行った、
樹は、やはり樹形がピッタリでした。この樹があるから、
この空間がある。この空間があるから、この樹が生きる。
植えるまで、本当にそこに合うのかはわからないのですが、
ただ、感覚を信じて、こちらの樹で行って、改めてよかったです。

やっぱり、みんなに感動して頂ける空間を造りたい。

原点に還りました。これからも引き続き、シッカリ、物造りをして

いければと考えております。

今年もよろしくお願い致します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9