1 2 3 4 5

こんにちは、村山です。

土曜日、日曜日と先日に引き続いて、写真撮影の立ち合いにお伺いしました

海老名 写真撮影

↑こちらは日曜日の写真です。

お客様に久しぶりにお会いできて、とてもうれしかったのですが、

撮影準備に関してもたくさん助けて頂いてしまいました。

いつもいつもありがとうございます。

海老名市 しみじみ

風の強い現場でした。工事中、ここに入る職人さんが皆様、

『寒い寒い(冬に施工しました)。ここ、すごい風、強いね~』と言っていたところでした。

撮影中、木が風で動かないかとても不安だったのですが、

何とピタリと風が止み、『奇跡だぁ!!』と叫んでしまいました!笑

撮影が終わって、カメラマンさんと別れてから、かたづけをしながら、

少し植物に話しかけてしまいました。なんだか、昔の友人に会った気分になりましてしみじみと・・・

お引き渡ししたエクステリアが、今ではもう景観の一部として、その土地に溶け込んでいて、

お客様に大切にされていて、それがとてもうれしかったです。

また、お伺いできればと思いました。

本日から、私は少し撮影の立ち合いから離れます。

カメラマンのW様、いつもバタバタと準備してしまい、マジックアワーに間に合うか、

ハラハラさせてしまったかと思います。そんな中、デザイン上の意図をつかんで頂き、

それに則った綺麗な写真を撮って頂き、誠にありがとうございます。

P.S. 掲載した写真は全て、私が撮影したものです。

 

 

こんにちは、村山です。

今、東京ビッグサイトにて、エクステリアの新商品展覧会(通称EXE)を

行っております。昨日、お伺いしてきました。

エキシビジョン①エキシビジョン②

↑セキスイデザインワークスさんの表札です。
前から見るとわからないのですが、実は厚みがある面白い表札です。
この厚みをお客様にご提示したくて、ダンボールで実寸を
製作することも考えたのですが(難しくて、断念しました!苦笑)、
この写真があれば、つかんでいただけるかなと、ちゃっかりUPしておきます!

エキシビジョン③

↑個人的に気になったナルディックさんの展示です。
ここで実際に鋳物を打って製作されていました。
(恐れ多くて、写真は撮れませんでした!笑)
YKKさんの展示を見ていても、鋳物の商材が気になりました。
(YKKさんに関しては別の商品ももっと気になりましたが)
見るだけでも知覚できる独特の重厚感・本物志向・・・といったことでしょうか。
鋳物好きなんですよね、個人的に。

何枚か写真を載せましたが、各社、様々な商品が出ていて、

興味深く拝見させていただきました。また、メーカーさんの営業担当さん・商品開発さんに

色々とお話をお伺いすることができ、貴重な体験でした。関係者の皆様、ありがとうございます!

欲を言えば、本日もお伺いしたいくらい盛り沢山の内容でした。

例年、時間が足らず、今回は早めに行ったつもりだったのですが、

それでも、一部しか見れませんでした。行かれる方は、ある程度、目星をつけて

見られるといいかもしれません。

海老名市 写真撮影

エキシビジョンを途中で切り上げ、次の予定へ。

カメラマンさんの撮影立ち合いです。今回は先日、ご紹介しました、海老名の現場です。

カメラマンさんの撮って頂いた写真、圧巻の構図・美しさでした。

今、掲載している写真は村山の撮影です。悪しからず・・・。

お客さまが、撮りたての写真を見て、お喜び頂けたのが、本日のハイライトでした。

やっぱり、お客様にお喜び頂く、新商品の勉強含め、全てそこだなと。

一件一件、大切に、お客様の為に、ご提案していこうと改めて感じました。

P.S. T様、この場をお借りしまして、撮影にご協力頂き、ありがとうございました。

おはようございます、村山です。

昨日、ブログに書いた・・・神奈川縦断の旅・・・、

海老名→横浜→川崎→海老名・・・考えてみると、

横断でした。縦断の方が旅っぽくてカッコいいのに、なんか残念。。。(苦笑)

さて、今日は先日、完工しました、海老名市 T様邸のご紹介です。

昨日、施工中の写真をUPした邸です。

海老名市 フレームエクステリア


塗り壁を好まれていないお客様でした。

建物の外壁もあえて、全面タイル貼りをご選択されていました。

また、アプローチ部分は、そこを歩くことで、気持ちを切り替えられる

非日常を感じる空間(兼、臨時車庫)をご希望とされていました。

その為、以下、2点を基本コンセプトにデザインを創り込みました。

A:塗り壁を使用しないで、どこまで魅せれるか。

B:非日常的空間の創造。

A、B共にですが、素材や製品の寸法、また、車庫入れをする上でのゾーニング上の形状の制約・・・

そういった諸々の制約がある中で、どこまで魅せれるかが今回の大きなテーマとなりました。

実に、悩んでしまい、CADで清書する前、手描き段階で複数のプランを考えました。

確か、1週間くらい描いてはボツ、描いてはボツを繰り返してた記憶が・・・もちろん、

お客様にも出していない完全非公開プランがあと2-3件・・・でもやり切った感があります!(笑)

最終的にできたのが今回ご紹介する事例です。

結果的には、『栄和さんに頼んでよかった!』とのお言葉をいただけました。

大変、恐縮なのですが、このメール、とてもうれしくて、

デザインに悩んだ際は、何度も読み返しております。

『やっぱり、お客様に喜んで頂ける仕事をしたい』・・・再確認できました。

T様、この場をお借りしまして、ありがとうございました!

こんちには、今月お引き渡しの終わった 海老名市 Aさま邸 エクステリアをご紹介です。

1
白い塗り壁に茶色いアクセントタイルを入れた門袖。

門袖裏には、折り返しの壁をつけて水栓も設置しました。

元々、建物でプラスチックのガーデンパンを設置されていたのですが

使い勝手と意匠性を考えて、エクステリアに合せた水栓をご提案させて頂きました。

プラスチックの水栓を取り付けるのであれば、少しコストは掛かりますが

エクステリアでお洒落な商品を取りつけるほうがお勧めです

(ハウスメーカーさんによっては、外構で水栓を設置出来るように、

指定の位置に給水管と排水管を立ち上げてキャップ止めしてくれる

場合もありますよ・・・)

門袖周りの金物はステンレスヘアラインでまとめて、スッキリ&シンプルなエクステリアの仕上がりました。

Aさま、写真撮影にご協力頂きありがとうございました。

Koikawa

 

こんにちは、村山です。

先日、前に施工した現場廻りを行いました。

海老名~横浜~川崎・・・気分は神奈川縦断の旅、そうです、road trippin’ですね。

とても私事ですが、今、レッチリのroad trippin’という曲にハマってます。

すみません、話が反れました・・・(苦笑)

この日はお引き渡しから結構日数が経っている現場も廻ったのですが、

植物も結構大きくなっていて、でも、そこの景観に溶け込んでいて、

懐かしさとうれしさの入り混じった言葉では言い表せない感情に浸りました。

海老名市 石貼り 施工時②
↑先日、お引き渡しをした、海老名の現場の施工中の写真です。
今回はフレームエクステリアです。 きちんとしたご紹介は次回、行います。

随分前に、建築家(たしか、安藤忠雄さん)の書かれた本を読んでて、

そこに、設計する人、工事する人、お客様、その三者の力がそれぞれあって、

いい作品を生み出せる・・・みたいに書いてありました。

いや、本当にその通りだなと。

海老名市 石貼り 施工時
↑こちらは、石を貼る際、爪楊枝を使用しています。
完成された部分だけでは見えない面ですが、職人さん、
いつも綺麗に納めて頂き、ありがとうございます。

また、廻っている際、お客様にお会いしたり、

メールや電話でご連絡させて頂いたり、

久しぶりに連絡をしてみて、皆様とても

お喜び頂き、こちらもとても嬉しくなりました。

お客様にとっては、毎日、目にするものだから、

私共も一件一件、大切にご提案・施工を行わないといけないと、

改めて、気が引き締まりました。

弊社は海老名にございます。でも、海老名だけでなく、横浜、川崎、藤沢、鎌倉、町田・・・、

全て施工エリアです。今、エクステリアをお考え中のお客様は

是非、ご相談頂ければ幸いです。

しっかりとしたご提案・施工をさせて頂きます。

 

1 2 3 4 5