1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

こんにちは、最近横浜市の施工現場紹介が続いてましたが、今回はひさびさに

藤沢市のリゾートエクステリアのご紹介です。

黒と茶色の二色を基調に、リゾート感のあるモダンな空間を目指して現在施工中です。

海が近いので、混合栓のシャワーも完備!

これが有るだけでも湘南らしさが感じられますね。



床の石張りは全て終わり、残すは壁の仕上げと植栽工事のみ。

壁の中に足を埋め込んで設置した機能門柱は、オンリーワンのシンプルフレイム。

新商品の為、施工実績が無くお客様にサイズ感を見て頂く為に実寸の模型も制作してみました。



遊んでいるわけではありませんよww

完成イメージはこちらとなります。



今月中の完成を目指してラストスパートです。

koikawa

Adenium socotranum

こんにちは、齋藤です。

間が空いてしまいましたが、 綾瀬市 エクステリア 施工中 その2 の続きです。

YKK AP リレーリア テラス屋根の施工の様子です。

1.リレーリア接地面に建物の柱が入っているかを確認し、そこを狙って梁を仮固定します。

慎重に、的確な位置出しを行います。

%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%b1%8b%e6%a0%b91

2.リレーリアの柱を立てるための穴を掘り、そこへ長さ調整した柱を立て込みます。

%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%b1%8b%e6%a0%b92

3.柱と梁、桁をそれぞれ固定します。

%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%80%e3%83%86%e3%83%a9%e3%82%b9%e5%b1%8b%e6%a0%b93

4.スクリーン(今回の縦格子は、スクリーン2N型です。)を設置して、完成!

SONY DSC

この格子1本1本も現場合わせにてカットしています。

風はありましたが、真夏の天候でした。取付工事お疲れさまでした!

T様 写真撮影にご協力いただきありがとうございました!

 

 

こんにちは、齋藤です。

綾瀬市 エクステリア 施工中 の続きとなります。

 

なんとなくの形であった階段の輪郭がハッキリしました。

玄関からの出入りがしやすくなりました。

ここへタイル貼りがされます。

階段

玄関ポーチ

玄関ポーチに開いている四角い穴に、YKK AP リレーリア テラス屋根の柱が設置されます。

壁面へも梁を設置させるので、躯体側との兼ね合いが重要になってきます。

下見の段階できちんと収まるか、寸法を確認しました。

お庭の角には、花壇もあります。

花壇

コンクリートと打つ前と、打った後です。↓

生コン前

生コン後

目地棒です。

目地棒

目地棒があることで、コンクリートのひび割れを発生させにくくします。

車庫土間のコンクリートを打った3日後に、台風がきました。

夏場は猛暑だったり台風だったりと、お天気に左右されやすいです。

また大きな台風が来ているらしいですね…。

次回は、リレーリア テラス屋根の設置工程をご紹介します!

こんにちは、齋藤です。

 

綾瀬市 和モダンのエクステリアです。

建物は、平屋ですっきりしていますので、

外構も和のテイストを入れつつ、全体を引き締めるようなデザインにしました。

現在は、門袖・階段・玄関ポーチの施工中です。

綾瀬市 外構

綾瀬 玄関 階段

道路面と玄関に高低差がありますので、

玄関前の目隠しをどのようにするかがポイントとなりました。

門袖は横に広く重心を低くとり、玄関前にYKK AP リレーリア テラス屋根を配置しました。

手すりも、YKK AP ルシアス 歩行補助手すりを使用します。

どちらも同じメーカー様のカームブラックという色なので、統一感が出ると思います。

黒い直線が特徴的なデザインとなりました。

 

ルシアスの手すりは、同じデザインでフェンスもあります。

シンプルなので使いやすく、かっこいいです。

木調色もありますよ!

 

門袖は、ブロックの厚みを変えることで立体感を出し、実際よりも低く見えるようにしています。

綾瀬市 エクステリア

施工を担当していただいてる業者様には、ご夫婦で来ていただいています。

水分・休憩をこまめにとって、熱中症には気を付けてください!

綾瀬市 YKK

こんにちは、村山です。
今朝は、座間市の現場の石貼りに立ち会ってきました。
中々ブログを更新していない内に、工事が進んできたので、
この数週間の部分をまとめてUPしようと思います。

都窯業 穴あきレンガ
↑今回、都窯業さんの 2ツ穴レンガを使用しました。

門袖詳細図 配筋ピッチなど
↑鉄筋ピッチを出すため、部分詳細図を準備してみました。
デザイン性だけでなく、施工面もシッカリ行うこと。
当たり前のことですが、忘れてはいけない一番大切なことです。

都窯業 ホローブロック
↑今回は、白目地にしました。

都窯業 2ツ穴空洞レンガ
↑途中、打ち合わせに抜けて戻ってきたら、
先程の門袖が積み終わっていました。
製品の寸法の問題でブロックの加工がたくさん必要に
なります。職人のKさん、いつもありがとうございます!

下地コンクリート打設
↑別日です。この日は下地コンクリートを打設しました。
私はガードマンをさせていただきました。
この日はメガネ×ヘルメット+ガードマンさんの赤い棒というスタイルだったのですが、
職人さんに『村、メガネかけると、本当にガードマンに見えるぞ!!笑』と言われました。
せっかくなので、次、行くときは青い制服を準備して・・・なんでもないです!妄想です!笑
あー、でもいつかチャレンジしたい・・・!笑

おっと、話が反れました、、、生コン打設シーンを、
前を通る小学校の児童達が興味深そうに見学していました。
今朝、親子連れの方が現場脇を通った際、
『見てみて、コンクリートだよ!色も見て!』と言っていて、
この間、見学していた子たちかなと思ってしまいました。
いつか、この子たちもエクステリアを考える日が来るんだよな~、
その時、弊社はどんな風に映るかな~とか考えてしまいました。

マテリアルワールド 異端児たれ!
↑事務所に戻ってきたら、素敵な商材を扱うメーカーの
マテリアルワールドさんから素敵なお手紙が届きました。
私が指さしているところ、ここに穴を開けると団扇になるハガキです。
しかしここ、『結局、普通ってなんなの? 異端児たれ!』と
書いてありまして、なんか共感してしまい、穴を開けるのが
もったいないなと思ってしまいました。
マテリアルワールドさん、名刺も、これまで頂けるハガキも
全てオシャレです。そして、商材がオンリーワンでとても
オシャレなんですよね~

『異端』かぁ・・・、この言葉いろいろ考えてしまいます。
どこにでもあるデザインではなく、一点ものの、
オンリーワンなデザインをすること。
その上で、シッカリとした品質の上に成り立つこと。
たとえ、異端なことにチャレンジしても、絶対に品質に手を抜かないこと。
やっぱり、その2点が一番大切なのかなと。
なぜなら、お客様に喜んでいただけるから。

中々やり替えのきかないものだから、
エクステリア、きちんと向き合いたいのです。
そんな気持ちの良い今朝でした。
さて、今日も気合を入れてやるぞー!!!

P.S. 語る前に、まずは図面を描かないと・・・ですね!(笑)
今、お待ちいただいているお客様へ、あと少しです。
図面もキチンと考えて、一点一点仕上げております。
お時間長く頂いてしまい、申し訳ございません。
 

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13