1 8 9 10 11 12 13

横浜市で施工中の現場をご紹介!!

先日壁泉ポンプの揚程を実験してきました。

こちらです ↓ ↓ ↓ ↓



壁泉の取り付け高さは実際よりも高い位置に設置して、いざポンプ始動!



流れた!!!!!

水中ポンプからくみあげた水が、壁泉まで無事上がりました、よかった・・・・

ポンプを規格よりワンサイズ小さくしてたのでひと安心(笑)

斜めからも



壁泉から流れ出た水が水面より上でクロスしちゃってますが、実際の壁泉高さはこれより低いので

水面ぎりぎりまできれいに水が落ちそうです。

そして完成イメージがこちら ↓ ↓ ↓ ↓



になる予定です!

koikawa

 

 

 

こんばんは、村山です。

さて、最近よくお伺いしている、現在施工中のK様邸現場です。


今日は、タイルの貼る順番や向きを決めてきました。


完成を楽しみにしている作品です。
お客様に喜んで頂ければ幸いです。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

さて、昨年、基礎の現場写真を載せまして、
続きはまた・・・みたいにしていたのですが。
先日(クリスマスの日)にゲートの下地設置が
完了しましたので、現場写真をご紹介します。

①下に見えるのは、先日、ご紹介しました、基礎部分です。
その上に特注ゲート下地を載せるところです。


②基礎のアップ写真です。


③特注下地ですが、重量バランスと配送の関係から、2つのパーツを現場で組み合わせる形となります。


④シャッター部分とゲート部分をそれぞれ据え付けた所です。
これからドッキング作業を行います。


⑤ドッキング作業が終わりましたら、基礎から立ち上げてある鉄筋と溶接作業にて固定します。


⑥こちらにてゲート下地が完成です。


今回、特注シャッターゲートの下地を作っていただいたのは、
岐阜の大林株式会社様です。このゲート下地ですが、何といっても耐震性能に
特徴がございます。簡単に話すと、低重心の一体化構造になっている為、
揺れに強く、高い耐震性能が実現されています。また、こちらの指定した寸法で
基礎を造作して頂く事ができました。

ゲート下地ができたため、この先、タイル貼りによる、仕上げ工事となります。
エクステリアは基礎工事や下地、そして仕上げ・・・多くの方々の
力があって初めて完成します。そうやって、世界に一つだけの
オリジナル空間を作っています。これからも、一つでも多くの
素敵な作品造りに携わることができればいいなと、2015年早々思いました。

村山



先日、現場にお伺いした際撮った写真です。

これは基礎の骨組みの部分です。
こういった構造があって、初めて完成したエクステリアが
生まれます。この後で、コンクリートを打設し、
とある物のベースとなります。

これを用いて、何ができるかはお楽しみ。
また、ブログ執筆します。

村山

1 8 9 10 11 12 13