1 5 6 7 8 9 10 11 12

こんばんは  星です。

今日は横浜市青葉区で施行中の和モダンエクステリアのご紹介です。

先日川崎市和モダンエクステリアでご紹介いたしました案件と同じ自然石を使用した提案です。

三楽の自然石です。

高低差がありアプローチ階段のレイアウトにかなり苦労いたしましたが、また違った印象になりますね⁈

熟練職人をかなり悩ませてしまいましたm(_ _)m

image

来週末の完成を目指してラストスパートです!

 

 

余談ですが先日、町田市で昨年末ご契約いただけなかったお客様のお家の前を通る機会がありました。

なんと、、、。

弊社の提案通りしっかり他社様で施工済みでした。

感心だったのは照明やポストの型番まで同じだった事。

完コピです‼️  

デザインは気に入っていただいたようです。その他のところで弊社の力及ばなかったのですね。残念。

しかし、業界ではこんな取り組みもございます⬇︎

http://www.teamjexa.jp/registration.html

ご一読いただければ幸いです。

こんばんは、村山です。

さて、先日、お引き渡しを終えた、伊勢原市Y様邸の施工中の写真を

ご紹介します。  ※まだ、完成前(植栽工事前)です。


スノースカイ ジャワ アクセントウォール 耐積雪カーポート

↑こちらが全景です。耐積雪50cmの三協さんのカーポート(スノースカイ)を施工しました。

伊勢原市 ジャワ鉄平

↑今回、ジャワ鉄平で床面をデザインしてみました。

300×600の方形石でギザギザラインを作り、ピンコロで空間を仕切り、

乱形石で間を埋めてみました。目指せ、石のジュウタン・・・です。

伊勢原市 石貼り ジャワ 伊勢原市 石 ジャワ
伊勢原市 ジャワ 石 職人技

↑石貼りを施工中の写真です。とてもきれいです。

水糸をまっすぐに張っている職人さん、さすがです。

私が職人さんだったら、こんなに真っすぐに張れません。

きっと心がゆがんで・・・るわけではないと切に願います(笑)。

植栽を入れると雰囲気がさらに変わります。

後日、完成写真をUPしますので、お比べ頂ければと思います。

Y様、この場をお借りしまして、ありがとうございました。

また、後日、完成写真を撮りにお伺いさせていただきます。

 

こんばんは。星です。

今日は先月末から工事をしておりました

和モダンコンセプトの現場で植栽工事でした。

落葉樹の紅葉と常緑樹のハイの木。

仕入先の畑で樹形の良いものを選別してきました。

良い感じの葉張りです!

image

植栽をする前後の写真です。

印象が全く違いますね。今更ですがすごく植栽大事です。

 

image

残工事は表札の設置、照明の位置調整です。

こちらもライトアップが楽しみです‼︎

こんにちは!

先日見に行った川崎市の施工中現場をご紹介です。

1

こちらは門袖になります。
アクセントタイルは貼り終わっており、只今左官仕上げ中です
見づらいですがアクセントタイル部は、左官が付かないようにビニール養生ばっちりです!
壁の高さは外からの視線を遮るのと、門袖裏のプライベート空間確保の為
通常より高く設定しており、約1.8m前後となてます。
ちょうど軽トラックと同じくらいの高さですw

 

22

こちらはアプローチ兼プライベートスペースになります。
只今ウッドデッキ施工中!
フォーカルポイントに左官を二色使ったデザインウォールを配置しました。
こちらは少しリゾート感が出るような照明・タイル・植栽を選んでおります。

 

そして完成イメージはこちらですよ!!

AppleMark

AppleMark

d - コピー

完成したら、またご紹介させて頂きますね!

koikawa

こんにちは、村山です。

先日のブログに引き続きまして、ご紹介したかった
納まりPart Ⅱです。

先日、星がブログにてご紹介した、横浜のこの現場↓

image

こちらですが、シンボルツリーの陰に、チラッとインターホンが見て取れます。
元々、本体様のご計画では、RCの中にインターホンを通す計画は
ありませんでした。今回、シンプルモダンを追求する上で、
RCに穴を開け、裏の土を掘り、配線配管を敷設を行い、
このスッキリした納まりが実現しました。

SONY DSC
SONY DSC

こちらも先日ご紹介しました、コア抜きにて、
配管を通す穴を開けております。インターホン小機を取り付けた裏の部分です。

SONY DSC

RC裏の土を掘り込んだ所です。
延長してきた配管も見えます。

完成した部分だけでは中々見えにくい部分ですが、
こういう途中経過の部分を見てみると、
多くの人々の力を併せて、一つの作品(エクステリア)が
できているんだなと実感できます。

この厚みのRCに穴を開けるのも、また、この高低差の
ある狭い場所で、これだけの土を掘ることも大変だと思います。
職人さん、いつもありがとうございます。

力を併せて、一つの物を作る・・・そして、その結果、
お客様に喜んで頂ければ。感慨も一入です。

是非、外構工事をお考え中のお客様、ご依頼頂ければ幸いです。

1 5 6 7 8 9 10 11 12