こんにちは、5月から工事がスタートしていた平塚市のガーデンリフォーム工事が無事に完成しました!

広々としたテラスは、NITTOのリストンディー木目調タイルを使用、縦目地を通さず千鳥貼りで仕上げました。

900mm×150mmの細長い大判タイルなので、空間に広がりも感じられます。



芝生は改良センチピートグラスを使用しました。草丈が比較的短く芝刈りの手間が低減出来、雑草の発生や侵入を抑制する性能を持つと言われる優れものです。

見た目は野芝に近くて葉が広く、ワイルドな感じ。キャンプ場を思わせてくれる芝生、アウトドア派にはお勧めしたいです!

植栽域には、岐阜県産 おがせ石を低木・下草と絡めナチュラルに据付けました。

年月を重ね、成長して行くお庭が楽しみです

ありがとう御座いました^^;

koikawa

こんにちは、先日の小田原市施工中に続き、今回は平塚市の施工中現場のご紹介です。

こちらの現場は10月からスタートしたのですが、長雨と台風の影響もあり、ようやくここまで形になってきました。

エクステリア工事の工期は、天候に左右されてしまいます・・・なかなか工程表通りとはいきません。

少し複雑な壁のデザインでブロックの加工が多くなってしまいしたが、職人技で見事に形にして頂きました!



現在アプローチ床タイルを施工中です。

施工スタンバイ中のタイルたちw



年内での完成を目指しております。

koikawa

 

こんばんは、10月から平塚市でエクステリア工事がスタートしました!

既存の植栽と景石を生かした和モダンなデザインになります。



建物外壁の色合いに合わせ、ホワイトとブラウンを基調色に使用しております。

二色の色調を抑える事で、落ち着いた和の雰囲気に仕上げる狙いです・・・が。

広い敷地で施工範囲も広く、歩道の切下げ工事・お庭の造園工事もあるので、3~4か月程度の工期を想定しております。

今度は、施工中の様子もご紹介させて頂きます!

koikawa

 

 

 

おはようございます。
村山です。
さて、完工写真のご紹介です。



少しオリエンタルな雰囲気のM様邸です。
写真ではご紹介していませんが、玄関ドア廻りの
外壁は複数の色がボーダー状に混ざり、それと、
本体施工の2種類のタイル、並びに、隣地のフェンス
や既存ブロックなど、ある程度の制約がある中でのデザインでした。

ポーチのタイルがとても印象的だった為、全体の形よりは、
これに合う素材はなんだろう・・? 上海レンガなら合うだろうか?
など、個々の素材から全体像を追いかけてみました。

既存ブロックにポーチと同じタイルを貼ったり、
玄関ドア廻りのカラフル外壁に準ずる形で、アクセントのラインを
入れたり、細かい仕事となっております。

全体的にはアンティークでちょっとオリエンタルな雰囲気を
狙ってみました。

M様、この場をお借りしまして、ありがとうございました!!