1 2

こんばんは、施工中の様子を何度かご紹介させて頂いた小田原市の現場が無事に完成いたしました!

敷地の間口サイズに合わせてオーダー作成したシャッターゲートと、2枚の壁で空間を程よく仕切ったセミクローズエクステリアに仕上がりました。

通用門の軒天はウッド調のシャッタースラットに合わせて、takashoのエバーアートボードを使用。黒色の見切り材を使用し綺麗に納めて頂きました。



シャッターゲートにはtakashoダウンライト1型ユニバーサルを5か所に設置、角度調整可能な商品なので設置後にも配光のアレンジが出来お勧めです。

壁の前にもスポットライトを取付け夜のシーンを演出、シンボルツリーのモミジが生み出す陰影も楽しみです。

お忙しい中、写真撮影にご協力頂き有難うございました。

koikawa

こんばんは、今日は施工中の現場のご紹介です。

10月にシャッターゲート設置の様子をアップした小田原市の施工中の現場、11月に入り天候にも恵まれ下地工事は無事に終了しました!

残すはアプローチ部分のタイル・石貼り工事と左官工事、仕上げに植栽・砂利工事と照明関係の設置となります。



SONY DSC

シャッターゲート裏のカーポート屋根も、奥行き方向を切詰め敷地ピッタリに収まるように設置完了です。

完成まであと2週間程度でしょうか、完成が楽しみです!

koikawa

 

こんばんは、前回に引き続き小田原市で施工中の現場のゲート設置の様子をお伝えします。

SONY DSC



先に下したシャッターゲートとアプローチゲートを繋げて設置していきます。

狭いスペースの中、ユニックで釣り上げたゲートを回転させて下ろしていきました。



こちらは仮置きの状態です、少しずつバールで動かしながら位置を調整していきます。

つなぎ目が中々ピッタリ合わない・・・



何度も調整して頂き、つなぎ目も無事綺麗に収まりました!

配置が決まったら、基礎から出してある鉄筋とゲートベースの鉄骨をガッチリと溶接していきます。

搬入時には降っていた雨も上がり、一安心です。



最後にシャッターの動作確認と、つなぎ目のシーリングを行い無事に設置完了となりました!



設置して頂いた大林スタッフの皆様、有難うございました。

koikawa

こんばんは、本日小田原市の現場のシャッターゲートの据付けに立ち会ってきました。

敷地間口10mに2台用のシャッタゲートとアプローチゲートを設置する計画となります。

大林株式会社にてオーダー作成した頂いた商品で、シャッターゲートは高さ・間口共、

4tユニックで運搬出来る最大サイズで設計しております、

(何せ、全面道路幅が狭いので・・・4t車が限界でした。近隣の皆様、設置時にご迷惑をお掛けしました)



こちらはゲート設置前の基礎です。

D13mmの鉄筋を250ピッチにもち網配筋し、厚み150mm(部分的に250mm厚)のコンクリート打ちした仕様となります。

かなりゴツイ丈夫な基礎です。

こちらは据付けの様子です。



道路が狭くアウトリガーの張り出しがギリギリでしたw

後日アプローチゲートの設置の様子もご紹介いたします!

koikawa

こんばんは、先週お伝えした平塚市の着工に続き、小田原市でもエクステリア工事が着工致しました。

ここ最近、横浜・川崎など神奈川内の東側での工事が多かったのですが、平塚・小田原と西湘エリアでの工事となりました。



10年前に弊社で工事させて頂いたお客様で、既存のアプローチ・駐車場のリフォーム工事となります。

以前は和モダンなオープンエクステリアでしたが、今回はシャッターゲートを設置したセミクローズエクステリアを提案させて頂きました。

現在、解体工事中です。解体工事終了後、シャッターゲートの基礎を造り、来週中に特注品のシャッターゲートの据付けを行います。

敷地の間口いっぱいの幅のゲートサイズなので、上手く収まるか心配です・・・。

ゲート施工中の様子も、お見せ出来ると思います!

koikawa

 

1 2