1 2

こんにちは、小田原市で施工中のO様邸のご紹介です。

山下建設で建てられた建物になります。黒いサッシに白いジョリパットで塗装されたスクエアな建物で、ビルトインガレージのあるモダンな建築になります。

エクステリアは建物のイメージを壊さないよう、黒を基調色にシンプルにまとめました!



玄関ポーチと同じタイルを使用したアプローチの脇の植栽域にはゴロタ石を使用。

機能門柱はサンワカンパニーのオスポール/マットブラック色を使用しています。

ムダを極限までそぎ落としたシームレスデザインで、マットブラックはツヤを抑えた質感が引き締まった印象を与えてくれます!(サンワカンパニーHPより引用w)

koikawa

こんばんは、星です。

今日は現在、小田原市で外構工事施行中の現場より深基礎(ダウン基礎)についてお話しいたします。

通常の基礎ではアプローチや車庫など掘り下げた時、基礎の下が出てしまう場合、より深く根入れが取れる深基礎(ダウン基礎)にします。
その場合、外構で土留めブロックなどを施工しないで済むため敷地を広く使えるメリットもあります。
一方、土留めを花壇にしておしゃれに見せる方法などもあります。
どちらがよろしいかはハウスメーカー様または外構業者に早めに相談すると良いかもしれません。
お引き渡し時の注意事項といたしましては深基礎なので基礎の塗装(モルタル仕上げなど)がしっかり深基礎分施工されているか、水道メーターや汚水、雨水マスなどが想定されている時盤面まで下げられているか(下げられるか)など確認が必要です。

D7C1406A-3CDF-41FC-AAC4-29AD6C4EF031

37FC57F7-6A05-49A0-948E-113461553E8A

お気をつけください!

こんばんは、施工中の様子を何度かご紹介させて頂いた小田原市の現場が無事に完成いたしました!

敷地の間口サイズに合わせてオーダー作成したシャッターゲートと、2枚の壁で空間を程よく仕切ったセミクローズエクステリアに仕上がりました。

通用門の軒天はウッド調のシャッタースラットに合わせて、takashoのエバーアートボードを使用。黒色の見切り材を使用し綺麗に納めて頂きました。



シャッターゲートにはtakashoダウンライト1型ユニバーサルを5か所に設置、角度調整可能な商品なので設置後にも配光のアレンジが出来お勧めです。

壁の前にもスポットライトを取付け夜のシーンを演出、シンボルツリーのモミジが生み出す陰影も楽しみです。

お忙しい中、写真撮影にご協力頂き有難うございました。

koikawa

こんばんは、今日は施工中の現場のご紹介です。

10月にシャッターゲート設置の様子をアップした小田原市の施工中の現場、11月に入り天候にも恵まれ下地工事は無事に終了しました!

残すはアプローチ部分のタイル・石貼り工事と左官工事、仕上げに植栽・砂利工事と照明関係の設置となります。



SONY DSC

シャッターゲート裏のカーポート屋根も、奥行き方向を切詰め敷地ピッタリに収まるように設置完了です。

完成まであと2週間程度でしょうか、完成が楽しみです!

koikawa

 

こんばんは、前回に引き続き小田原市で施工中の現場のゲート設置の様子をお伝えします。

SONY DSC



先に下したシャッターゲートとアプローチゲートを繋げて設置していきます。

狭いスペースの中、ユニックで釣り上げたゲートを回転させて下ろしていきました。



こちらは仮置きの状態です、少しずつバールで動かしながら位置を調整していきます。

つなぎ目が中々ピッタリ合わない・・・



何度も調整して頂き、つなぎ目も無事綺麗に収まりました!

配置が決まったら、基礎から出してある鉄筋とゲートベースの鉄骨をガッチリと溶接していきます。

搬入時には降っていた雨も上がり、一安心です。



最後にシャッターの動作確認と、つなぎ目のシーリングを行い無事に設置完了となりました!



設置して頂いた大林スタッフの皆様、有難うございました。

koikawa

1 2