1 2

こんばんは、村山です。
昨日、大和市で施工中の現場に行ってきました。

丁張りはアート

↑お伺いした際、門袖壁の為の丁張(ちょうはり)真っ只中でした。

丁張とは・・・工事の為の位置出し作業です。
工事を行う際の基準造りと考えて頂ければ
わかりやすいかなと思います。
空間の中で土もボコボコしていますし、
基準を作らないと工事ができない為、
基準造りです。別名、遣り方(やり方)、
水盛り(みずもり)です。

※但し、職人さんによって、施工法が異なるため、この方法を
用いない方もいらっしゃいます。流儀はいろいろあるため、
一例として見て頂ければと思います。

見れば見るほど、アートです。正直、門袖を作って、丁張を壊すのが
もったいないと感じてしまいました。でも、門袖の為の丁張なんですよね!笑
壊すのに、綺麗につくる・・・聞いてみたところ、『門廻りだから
庭の袖壁よりも門みたいに作ってみたんだよ~』とのこと。ますます、
壊すのがもったいなくなってしまいました!笑

すごい掘削

↑そして、この丁張下、門袖の基礎を作るため、土をガッツリと
掘ってもらいました。こちら、手掘りです。図面を絵で描くのは簡単ですが、
現場はものすごい力仕事です。完成したら、見えない部分ですが、この深い所に、
コンクリートで門袖の基礎を作ります。見えない部分でも、暑い中でも
シッカリ施工する職人さん、心から尊敬します。

地盤改良中の井田先生

↑職人の井田先生です。地盤改良(じばんかいりょう)を行っているところです。
埋め戻す土をしっかりとした地盤にするため、改良材を混ぜて、キッチリ転圧を
かけている所です。井田先生が手にしている『タンパ』、実はメチャクチャ重いです。
それを軽々と地面に打ち付ける先生・・・地面が揺れていました!笑

配筋中の井田先生

↑配筋中の井田先生です。地盤改良した上に、アクセントの壁を施工します。
その為、鉄筋を組んでいる所です。写真だとわかりにくいのですが、
ものすごいスピードでした。

袖壁の配筋

↑配筋が終わったところです。整然としていますよね?これ、すべてキッチリと
寸法を測って組んでいます。この後、鉄筋キャップをされていました。
キッチリ施工と安全配慮、そして綺麗な現場造り。私も心を入れ替えようと思いました!笑
いや、本気で、そろそろ会社の机廻りを綺麗にしないとなと。サンプルの石とかで、時々、会社でも特にデンジャラスな空間になっているので・・・(苦笑)

『職人魂』・・・井田先生と話していて、現場を見ていて、職人魂を実感しました。
一言で言い表すと、『空間アーティスト』です!完成したエクステリア、
その姿も大切ですが、それと同じくらい、工事中の職人さんの製作風景も大切だなと。
少しでも、見て頂ければ幸いだなと、書いてたら長いブログになっていました。

井田先生、昨日はありがとうございました!貴重な瞬間に立ち会えたと思います。
『モノ造り』をする上での考え方、色んなお話を聞くことができ、心から尊敬しております。
また、現場にお伺いします。是非、見させてください!

追伸:K様、今回は弊社をお選びいただきまして、ありがとうございました!
また、お伺いさせていただきます!

 

おはようございます、村山です。

バタバタしていて、ブログ更新ができていない最近です。

この頃、しょっちゅう現場に行っております。

大和市 施工中

先日、工事前のお客様の所で、仮設の歩行帯を人工芝で造作してきました

(上の写真とは別の現場ですが、人工芝のうまい写真が無かったので!苦笑)。

桝の形に合わせて切ってみたり、つなぎ目を背面からテープで固定したり、

仮設といえど、普通に作業をしていたところ、近隣のお子様から

『すいませーん、何やってるんですか~?』と声をかけられました。

『道を作っているんだよ~、歩くと、土で泥んこになっちゃうからね~』

とか話をしていました。その子が通り過ぎた後で、いつかこの子が

外構屋さんになったら素敵だなぁ~、世の中なんてわからないからなぁ・・・とか、

シミジミと考えてしまいました。

座間市 パンジー

その現場ですが、昨日から工事がスタートしました。

お客様に工事車両を停めるために駐車場を借りて頂きました。

立ち合い前に、車を停めて、ふと足下を見ると・・・

ビオラの花発見!見つけたとき、無性に幸せを感じました。

なんてことのない日常ですが、そんな日がとても幸せに感じる今日この頃です。

こんばんは、村山です。

今日は天気も良かったので、仕事の途中で抜け出して、
前から気になってたパスタ屋さんに・・・じゃなかった・・・苦笑

手作りパスタのゆったりランチの後、完工写真の撮影にお伺いしました。
早速、写真をUPします。

大和市 リゾートガーデンのH様邸です。



バックヤード(裏庭)の工事でした。表のエクステリアは既に工事済でした。
弊社へは裏庭の工事のご依頼を頂きました。

テーマ:リゾートガーデン

デザイン面にこだわられたお客様でした。普通にラインを作りこんでも
おもしろくないので、敷地に対して、一定の角度で、ライン取りを行いました。
その中で、デッキとタイルテラスを組み込み、目隠しを造り、
リゾート植栽とこだわりの英国の砂利でリゾートの雰囲気を演出してみました。

と、文字で書くのはとても簡単です。H様邸では軸となる角度と
ラインの取り方が今回のデザインの肝でした。
この斜めにデザインの骨組を構築することで、庭に躍動感を演出してみました。
気持ちにも躍動感を与える為、作業中は某洋服屋さんのディスプレイを
想像しつつ、デザインの作りこみを行いました。

とはいえ、なかなか、写真ではこの躍動感は伝わりにくいかなと思います。
実際は、オーッという感じの躍動感があふれています。
平面図でみると庭から飛び出しそうな形で、デッキやらテラスやら、
構造物をデザインしてみました。

H様、この度は、ありがとうございました。
この場を借りて、お礼申し上げます。

また、こちらをご覧になっているお客様で、もし、ご活用されていない
お庭がございましたら、是非、工事されてみてはいかがでしょうか。
もちろん一定の費用はかかります。
しかし、全体の雰囲気がUPすることは間違いないです。

そこに、お客様のご家族や、ご友人との団らんの場が生まれれば、
その先行投資は決して無駄ではないです。
使っていない庭が有意義な空間に生まれ変わるのです。
是非、ご相談頂ければ幸いです。

1 2