1 2

こんにちは、齋藤です。

 

大和市 N様邸(住宅情報館)が完工いたしました。

以前、施工中の様子を記事にしました。→

SONY DSC

植栽が入ると、高さや横への広がりが出ますし、

直線的な建物・門袖などと調和が取れます。

玄関ポーチ前の乱形石は、

三楽 フォレスト・クレイジー/フラット です。

境界に使用した、オンリーワンのアレナストーンというピンコロと、

玄関ドア周りの装飾壁と合う色のものを選びました。

SONY DSC

写真とパース図を比べるとこのような感じです。↓

SONY DSC

N様邸1 大和市

 

庭の方は、

人工木ウッドデッキ、人工芝、菜園スペース、駐車スペースとなっています。

菜園部分のピンコロは、2丁掛けです。

花壇や菜園にする場合は、ある程度深さが必要ですので、

2丁掛け以上のサイズを使用しています。

人工木ウッドデッキは、三協アルミ ひとと木2を使用しています。

色は、ローズウッドです。

人工芝の緑と良く合っていて、とても良い色ですね。

SONY DSC

カタログ写真やサンプルで色確認をしますが、

太陽光の下や、広い面になると少し印象が変わる可能性があります。

これは、塗り壁など、広範囲に及ぶ施工にも言えることですね。

 

N様、急な訪問にも関わらず

撮影のご協力いただき、ありがとうございました。

こんにちは、齋藤です。

もうすぐ完工予定の、大和市 N様邸のご紹介です。

 

当初、木調の角柱での門袖も検討しておりましたが、

アクセントタイルのある壁の門袖へ変更となりました。

大和市 エクステリア7

大和市 エクステリア5

大和市 エクステリア2

こちらのアクセントタイルは、東洋工業のスクエアストーンモザイクです。

今回は、スレンダー48の形状で、色はベージュミックスを使用しています。

色展開・モザイク形状の種類が、下の画像のようにありますので、

建物の雰囲気に合わせやすいと思います。

(画像はカタログより)

東洋工業 スクエアストーンモザイク

玄関前の、乱形石部分に汚水桝がありましたが、

綺麗に納めていただきました。

サンダーで円に合わせて石を切っているそうです。

大和市 エクステリア3

今後、カーポート屋根を設置予定ということなので、

カーポート屋根の柱用に、土間コンクリートを300角程度に抜いてあります。

大和市 エクステリア4

写真撮影のご協力ありがとうございました。

大和市 エクステリア6

こんにちは、村山です。

雪降っていますね・・・海老名はとても寒いです。

雪が降ることを予想して、昨日、現調をまとめて行いました。

これで安心して、今日は図面に集中できます。

図面に集中している・・・と言いつつ、何となくのブログ更新!苦笑

実は、以前、大和のお客様で完工した物件のご紹介が遅れておりましたので・・・

大至急にてUPします・・・いつもながら完工写真のUPが遅れてすみません。。。

大和市 完工

シンプルモダンのK様邸です。

縦のラインの使い方を一つのテーマにしました。

塗り壁はコテ仕上げにて、岩肌にしました。

デッキは三協さんのラステラ(新商品)です。

植栽を多すぎず、雰囲気良くを目指して入れてみました。

それにしても寒いです。。。書きながら、手がかじかんで

おります。暖房入れているのに・・・ひどい冷え性です。。。

寒いといえば、先週、厚木と町田でお引き渡しを行いました。

落葉樹を入れていたのですが、お引き渡しの段階で、

葉っぱが落ちておりました。そして、今日の寒さ・・・。

完成写真どうしようかな・・・少し考えてしまいます。

さて、そろそろ図面に戻ります。今日も気合いMAXです。

雪を解かすぐらいの気合いで図面を描きます。

あっ、間違えた!シンプルモダンはクールでした。

予定変更します。雪の様にクールな気分で図面を描きます。

こんばんは、村山です。
昨日、大和市で施工中の現場に行ってきました。

丁張りはアート

↑お伺いした際、門袖壁の為の丁張(ちょうはり)真っ只中でした。

丁張とは・・・工事の為の位置出し作業です。
工事を行う際の基準造りと考えて頂ければ
わかりやすいかなと思います。
空間の中で土もボコボコしていますし、
基準を作らないと工事ができない為、
基準造りです。別名、遣り方(やり方)、
水盛り(みずもり)です。

※但し、職人さんによって、施工法が異なるため、この方法を
用いない方もいらっしゃいます。流儀はいろいろあるため、
一例として見て頂ければと思います。

見れば見るほど、アートです。正直、門袖を作って、丁張を壊すのが
もったいないと感じてしまいました。でも、門袖の為の丁張なんですよね!笑
壊すのに、綺麗につくる・・・聞いてみたところ、『門廻りだから
庭の袖壁よりも門みたいに作ってみたんだよ~』とのこと。ますます、
壊すのがもったいなくなってしまいました!笑

すごい掘削

↑そして、この丁張下、門袖の基礎を作るため、土をガッツリと
掘ってもらいました。こちら、手掘りです。図面を絵で描くのは簡単ですが、
現場はものすごい力仕事です。完成したら、見えない部分ですが、この深い所に、
コンクリートで門袖の基礎を作ります。見えない部分でも、暑い中でも
シッカリ施工する職人さん、心から尊敬します。

地盤改良中の井田先生

↑職人の井田先生です。地盤改良(じばんかいりょう)を行っているところです。
埋め戻す土をしっかりとした地盤にするため、改良材を混ぜて、キッチリ転圧を
かけている所です。井田先生が手にしている『タンパ』、実はメチャクチャ重いです。
それを軽々と地面に打ち付ける先生・・・地面が揺れていました!笑

配筋中の井田先生

↑配筋中の井田先生です。地盤改良した上に、アクセントの壁を施工します。
その為、鉄筋を組んでいる所です。写真だとわかりにくいのですが、
ものすごいスピードでした。

袖壁の配筋

↑配筋が終わったところです。整然としていますよね?これ、すべてキッチリと
寸法を測って組んでいます。この後、鉄筋キャップをされていました。
キッチリ施工と安全配慮、そして綺麗な現場造り。私も心を入れ替えようと思いました!笑
いや、本気で、そろそろ会社の机廻りを綺麗にしないとなと。サンプルの石とかで、時々、会社でも特にデンジャラスな空間になっているので・・・(苦笑)

『職人魂』・・・井田先生と話していて、現場を見ていて、職人魂を実感しました。
一言で言い表すと、『空間アーティスト』です!完成したエクステリア、
その姿も大切ですが、それと同じくらい、工事中の職人さんの製作風景も大切だなと。
少しでも、見て頂ければ幸いだなと、書いてたら長いブログになっていました。

井田先生、昨日はありがとうございました!貴重な瞬間に立ち会えたと思います。
『モノ造り』をする上での考え方、色んなお話を聞くことができ、心から尊敬しております。
また、現場にお伺いします。是非、見させてください!

追伸:K様、今回は弊社をお選びいただきまして、ありがとうございました!
また、お伺いさせていただきます!

 

おはようございます、村山です。

バタバタしていて、ブログ更新ができていない最近です。

この頃、しょっちゅう現場に行っております。

大和市 施工中

先日、工事前のお客様の所で、仮設の歩行帯を人工芝で造作してきました

(上の写真とは別の現場ですが、人工芝のうまい写真が無かったので!苦笑)。

桝の形に合わせて切ってみたり、つなぎ目を背面からテープで固定したり、

仮設といえど、普通に作業をしていたところ、近隣のお子様から

『すいませーん、何やってるんですか~?』と声をかけられました。

『道を作っているんだよ~、歩くと、土で泥んこになっちゃうからね~』

とか話をしていました。その子が通り過ぎた後で、いつかこの子が

外構屋さんになったら素敵だなぁ~、世の中なんてわからないからなぁ・・・とか、

シミジミと考えてしまいました。

座間市 パンジー

その現場ですが、昨日から工事がスタートしました。

お客様に工事車両を停めるために駐車場を借りて頂きました。

立ち合い前に、車を停めて、ふと足下を見ると・・・

ビオラの花発見!見つけたとき、無性に幸せを感じました。

なんてことのない日常ですが、そんな日がとても幸せに感じる今日この頃です。

1 2