1 2 3 4 5

こんにちは、齋藤です。

 

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」を読んだのですが、

影のあり方について考えさせられました。

日本人の性質には、暗い室内が合っているのだそうです。

どういうことかと言うと、漆の器の美しさ、

屏風の美しさや、着物に使われる金銀の糸のきらめき、

日本人の肌の白さは、陰翳の中でこそ映えるものだということでした。

暗闇の中から、漆器に施された装飾の凹凸や、

器内の料理の暖かさ、漆が反射する鈍い光が現代の日本には少なくなってしまったとあります。

 

現代の日本の住宅では、谷崎の憧れるような生活は難しいかと思います。

実際、谷崎自身も純和風を賛美していながら、洋風の住宅に住んでいましたし…。

エクステリアでは、夜間の演出・安全のために照明を設置します。

植栽を下から照らし、背後の門袖や建物に影を移す様子はとても風情があると思います。

仕事や学校から帰ってきた際に、ほっとする空間になるよう心がけています。

%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%b8%82%e3%80%80t%e6%a7%98%e9%82%b8

%e6%b5%b7%e8%80%81%e5%90%8d%e5%b8%82%e3%80%80k%e6%a7%98%e9%82%b8

%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82%e3%80%80s%e6%a7%98%e9%82%b8

%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82%e3%80%80n%e6%a7%98%e9%82%b8

 

京都の「ソワレ」という喫茶店では、女性の肌が美しく見えるという理由から、

青白い照明が採用されています。

また、渋谷にある「音楽喫茶 ライオン」は店内で流れる音楽に集中するため、

ほとんど真っ暗です。そして、私語厳禁という雰囲気…!

薄暗い店内で、陰翳を楽しむのもいいですね。

 

こんばんは、藤沢市でエクステリア施工中のTさま邸ご紹介です。

左官仕上げ工事と電気工事が無事に終わりました。

左官の仕上げエスケー化研のベルアートを使用、仕上げパターンは建物外壁に合せてトラバーチン仕上げです。

フラットな面と自然石の巣穴をイメージした凹面のコントラストが、味わいのある雰囲気を出してくれます。

ライトアップされると、さらに雰囲気UPです!



機能門柱はオンリーワンのシンプルフレームを使用。

アッパーライトはTAKASHOのシンプルLED グランドライト スイングを使用させて頂きました。



残すは、植栽工事と化粧砂利敷き工事となります。

完成までもう少し、またご報告させて頂きます。

koikawa

Cycas cairnsiana

こんばんは、村山です。

先日の研修以来、仕事から帰るとデザインの勉強をしております。

そのおかげか、夢の中までエクステリア一色で、毎日が楽しくてたまらない状態です。

やっぱエクステリアって最高ですね。目指せ、プレミアムです!笑

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

話は変わり、今日、ブログ書いたのは、別件です。

数日前、お客様に植栽資料をお渡しするお約束をしていました。

おすすめ植栽をまとめていて、ジューンベリーの良さについて、

『花と実と紅葉を楽しめるシンボルツリーとして人気の木です』と書いてみました。

ジューンベリー、実

その時、ついに、気づいてしまったのですが、

私、これまでの人生でまだ、ジューンベリーの実を食べた経験がありませんでした。

このままでは、詐欺師っぽいので、今年こそ挑戦せねばと、さっき会社のジューンベリーを

見てて思いました(最近はプレミアムを目指して、毎日、会社の植栽を観察しています。日々、勉強です)。

でも、この辺、鳥がいるし、アリもいるし、ほんっと悩みます!(苦笑)

これだけだと、プロとしてどうかと思うので、ジューンベリーを使っている、

以前、施工させていただいた現場の写真をUPします。

ライティング

詐欺師的デザイナーでした。

P.S. Y様、この場をお借りしまして、ありがとうございます。

 

こんにちは、村山です。

先日、海老名の電気工事の話を書こうとして・・・、

なぜだか、急に石の話に飛んでしまいました。失礼しました・・・苦笑

今回、明るさセンサー(暗くなると自動に点灯し、

明るくなるとタイマーで切れる装置)を取り付けする場所のちょうど上に、

ハウスメーカーさんにて、ライトが設置されていました。

つまり、夜、建物のライトが光ると、外構照明の明るさセンサーが

うまく動作しない問題が発生します。

その為、このようなボックスを取り付けました↓

海老名市 電気工事

透明蓋があるため、明るさの感知はできるという。

うむ、現代は素晴らしいです。

さて、話は変わりまして、やはりナイトシーンがあると、

エクステリアの全体の雰囲気が変わる気がします。

町田市 グランドライト

町田市 ドラセナ

こちらは町田のM様邸です。グランドライトを用いました。

アプローチにあるグランドライトが人を導いてくれます。

また、スポットライトでシンボルツリーのライトアップを・・・。

仕事から帰って目にする、夜景こそエクステリアの醍醐味かもしれません。

なお、M様邸ですが、弊社のHPにもう少し写真が載っています。

なお、弊社は海老名にございますが、横浜、川崎、町田、藤沢、鎌倉、

全て施工エリアです。現在、エクステリアをお考え中の

お客様は、是非、お問合せ頂ければと思います。

ナイトシーンも含めて、建物とのハーモニー、

そして、お客様だけのオンリーワンなエクステリアを

ご提案できればと思います。

追伸 M様、この場をお借りしまして、ありがとうございます。

こんばんは!

先日に引き続き、川崎市の和モダンなエクステリア Nさま邸をご紹介させて頂きます。

今回は夜景ですよ!!

夕暮れからスタンバイしてたんですが、三脚を持ってくのを忘れちゃいました・・・orz

結構枚数を撮ったのですが、やはり手振れがひどく使える写真があまり無い結果に

夜景には三脚が大事ですねw

1

こちらが手持ちで頑張って撮った写真です!

照明はモミジとハイノキの前にコイズミのスポットライトを一個ずつと、

大判石階段の前に、山田照明の低めのアプローチライトを入れてます。

大谷石とタイル貼りのデザインウォールにも植栽の陰影が映って良い雰囲気になりました。

エクステリアはライティング計画も楽しみのひとつですよ!

別のアングル写真も・・

1 1 1

 

Nさま、写真撮影させて頂き有難うございました。

koikawa

 

 

1 2 3 4 5