1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 64

こんにちは、齋藤です。

アウトドアリビングについて、5回目の更新です。

全6回の連載ですので、次回が最後となります。

 

今回の記事では、庭空間を作る上でかかせない要素を8つ紹介しています。

簡単にご紹介していきます。

 

1.外周壁

外からの視線を遮るためのもの。

インテリアとひと続きとなった空間を演出する要素を取り込めます。

2.滞在するステージ

室内空間から地続きとなるような床面。

ウッドデッキや、タイルテラスで作られます。

3.家具

家具や、座る場所があると外での滞在時間も長くなります。

また、デザイナーズ家具を用いれば、見る楽しみも増えます。

4.キッチン設備

シンクやバーベキューグリルを設置する例も、増えてきています。

5.屋根

目隠しや、日差しを遮るために、設定します。

常設のものから、パラソルのような出し入れできるものまで様々です。

6.樹木

季節によって変化のある樹木は、空間に表情をつけます。

落葉樹は、夏は葉をつけ日陰を作り、

冬は葉を落として日の光を取り入れることができます。

常緑樹では、目隠し効果も期待できます。

7.大きな床面

2.での床面とは別に、比較的大きく面積を取られた床面。

芝生や砂利にするなどして、強い日差しの照り返しを防いだり、

排水処理や蒸散での打ち水効果が期待できます。

8.サプライズ提案

壁泉や、デザインパネルのライトアップなど、

癒しと非日常を演出するアイテムです。

 

詳細は、下記の記事をご覧ください。

(画像クリックで拡大します。)

アウトドアリビング5

【前回まで】

   

 

こんにちは、齋藤です。

 

アウトドアリビングについての記事の、4回目の更新です。

3つの視点からの解説です。

 

・グリーンエフェクト

自宅でも、木々や草花、風の流れなど季節ごとの癒しを得られるのは、

日常生活のグレードを上げることになります。

 

・ピクチャーウィンドウ

室内から見る、窓で切り取られた風景のことです。

外に見えるのが、道路であったり、隣の家の室外機であったりするよりは、

室内空間と繋がったテラスであったり、ライトアップされた木々の方が良いはずです。

そうするためには、窓から境界まである程度の距離を取ることがポイントです。

框景(きょうけい)や、借景(しゃっけい)という言葉があるように、

窓から見る景色は古来より重要視されてきました。

 

・グランドゾーニング

室内の間取りを考えるのは勿論ですが、敷地全体を外と中を一緒にゾーニングを決めると

土地を活用する幅が広がります。

敷地周囲の環境も事前にチェックすることで、

窓の位置や、外からの視線に配慮した設計ができます。

 

より詳しくは、以下の記事をご覧ください。

アウトドアリビング4

(画像は、クリックで拡大します。)

【前回まで】

  

こんにちは、齋藤です。

前回に引き続き、町田市 T様邸のご紹介です。

 

いよいよ、階段の方形石が入りました。

②用IMG_0109

玄関ポーチ部分の方形石を収めるのが、かなり困難だったらしく、

現場作業してくださった職人さんには、頭が下がります。

方形石は、竹藤商店 ヴィスタストーン サンドグレーを使用しています。

今回、階段に使用したサイズと重さは下記の通りです。

1800×900×厚60内外 約240Kg

1200×600×厚60内外 約100Kg

ユニック車で吊りつつ設置作業でした。

 

建物裏側のコンクリート縁石も、桝の形に合わせて加工しています。

②用写真 2018-02-17 10 57 20

夜景パースです。

照明も入るので、完成が楽しみです。

夜景 # 4

こんにちは、齋藤です。

 

町田市 T様邸(積水ハウス)の施工の様子です。

YKKapのルシアスフェンスLite01型を使用しています。

同様のデザインで、歩行補助手すりもあります。

フェンスタイプにはコーナー継手が無いので、写真のように突合せの納まりになります。

写真 2018-02-17 10 52 50

階段の下地です。

写真 2018-02-17 10 59 27

 

今回は、大判の方形石を使ったフローティング階段です。

自然石なので、真っすぐに切断されていても多少のズレがあったり、

厚さも均一ではなく、現場での調整が必須となります。

建物基礎に下書き(ケガキ)をしています。

写真 2018-02-17 11 04 42

門袖基礎部分には、水はけが良くなるように、砂利を敷いています。

写真 2018-02-17 11 03 46

完成予想パースです。

画像 # 1

画像 # 2

ポストの色は未定ですが、アクセントになるのでどんな色が入るのか楽しみです。^^

T様 写真撮影のご協力ありがとうございました。

こんにちは、齋藤です。

 

横浜市S様邸の、タイル貼り工事などが終わりました。

タイル貼りは、目地を通さないといけなので、桝のある個所の切断加工が大変です。

ぴったりと収まっているフェンス等も一緒にご紹介します。

 

化粧ハッチ部分です。

端に細く切ったタイルが貼られています。

写真 2018-02-17 10 03 48

ハッチを開けるとこのようになっています。↓

写真 2018-02-17 10 05 19

配管の立上り部分や、桝まわりのタイルです。

曲線に切るのは至難の業だと思います…!

写真 2018-02-17 10 19 22

写真 2018-02-17 10 20 04

フェンスも、境界の間知石の斜面に合わせて切ってあります。

写真 2018-02-17 10 18 33

既存ブロックへのモルタル天端仕上げがとっても綺麗でした!

こんなに綺麗にやってくれるのかと感動しました。

写真 2018-02-17 10 16 55

細かい作業をありがとうございます。

S様 写真撮影のご協力ありがとうございました。

【以前の記事】

 

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 64