1 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 69

こんにちは!

先日見に行った川崎市の施工中現場をご紹介です。

1

こちらは門袖になります。
アクセントタイルは貼り終わっており、只今左官仕上げ中です
見づらいですがアクセントタイル部は、左官が付かないようにビニール養生ばっちりです!
壁の高さは外からの視線を遮るのと、門袖裏のプライベート空間確保の為
通常より高く設定しており、約1.8m前後となてます。
ちょうど軽トラックと同じくらいの高さですw

 

22

こちらはアプローチ兼プライベートスペースになります。
只今ウッドデッキ施工中!
フォーカルポイントに左官を二色使ったデザインウォールを配置しました。
こちらは少しリゾート感が出るような照明・タイル・植栽を選んでおります。

 

そして完成イメージはこちらですよ!!

AppleMark

AppleMark

d - コピー

完成したら、またご紹介させて頂きますね!

koikawa

こんにちは、村山です。

先日のブログに引き続きまして、ご紹介したかった
納まりPart Ⅱです。

先日、星がブログにてご紹介した、横浜のこの現場↓

image

こちらですが、シンボルツリーの陰に、チラッとインターホンが見て取れます。
元々、本体様のご計画では、RCの中にインターホンを通す計画は
ありませんでした。今回、シンプルモダンを追求する上で、
RCに穴を開け、裏の土を掘り、配線配管を敷設を行い、
このスッキリした納まりが実現しました。

SONY DSC
SONY DSC

こちらも先日ご紹介しました、コア抜きにて、
配管を通す穴を開けております。インターホン小機を取り付けた裏の部分です。

SONY DSC

RC裏の土を掘り込んだ所です。
延長してきた配管も見えます。

完成した部分だけでは中々見えにくい部分ですが、
こういう途中経過の部分を見てみると、
多くの人々の力を併せて、一つの作品(エクステリア)が
できているんだなと実感できます。

この厚みのRCに穴を開けるのも、また、この高低差の
ある狭い場所で、これだけの土を掘ることも大変だと思います。
職人さん、いつもありがとうございます。

力を併せて、一つの物を作る・・・そして、その結果、
お客様に喜んで頂ければ。感慨も一入です。

是非、外構工事をお考え中のお客様、ご依頼頂ければ幸いです。

横浜市で10月に完成した、シンプルモダン外構のN様をご紹介させて頂きます!

アオダモ、コハウチワカエデ

こちらは、10/31に星より紹介のあった現場の全景になります。

コンセプトは建物に合うシンプルモダン外構を目指して、こんな感じに仕上がりました!!

クローズエクステリアでシャッターゲートを付けた場合、全景の重みバランスがシャッターゲートに偏ってしまい

アプローチ部分が少し軽い印象になってしまいがちなので、

門袖の高さはH1800mmくらい・厚みも仕上がりで170~200mmくらいにして、

なるべく重厚感が出せたら良いなと思い

デザインしてみました・・・・が いかがでしょうか?

門扉はYKK apのルシアス門扉BM01型でサイズは08-14の両開きを使用しております。

何気に玄関扉と見た目&色合いがマッチしてます(笑)

門袖とシャッターゲートの間には、シャターゲートより高い5mのアオダモ株立ちを植栽しました。

株立ち雑木の繊細雰囲気もシャッターゲートの重みを和らげるのに一役買ってますよ!

また植栽を入れることで、壁や床に陰影が映りとても良い雰囲気になるのでお勧めです。

 

Nさま、写真撮影にご協力頂き有難うございました!

koikawa

 

こんばんは。星です。

先週お引渡しいたしました、横浜駅徒歩圏内の外構工事完成現場紹介です。

ファーストプレゼンがこちら↓ エレメントは建物で使用されているもので極力抑えました。

 



 

 

でも、ちょっとやりすぎて却下です。(価格的に)

基本コンセプトは変えずにここからコストダウン作業をいたしました。

 

チラ見せですが、こちらが完成。↓



全景は担当デザイナーより近日公開です!?

こちらで使用したリクシルのタイル、はるかべくんが欠品で2か月待ちで、ご迷惑をおかけいたしました。

早めの仕様決め、発注が大切ですね。

 

 

おはようございます。村山です。
完工物件のご紹介です。

相模原市のH様邸です。
建物に雰囲気を合せてご提案してみました。
H様邸ですが、タイルの色や外壁のグレーの具合など、
当初のご提案段階では不明な状況でのご提案作成でした。
その為、黒で攻めてみたり、白で攻めてみたり、何種類か
作成してみました。それぞれにそれぞれの良さは
あると思うのですが、やはり一番は、建物に
雰囲気が合う事・・・つまり今の色味かと思われます。



ちなみに、とても余談ですが、黒攻めのプランを作成した際、
最後にニューサイラン(下草)を赤にしてポイントで
アクセントにしたのですが、これもニューサイラン・ブラックとか
そんな品種を誰か開発してくれないかな~と思ってしまいました。
コクリュウという黒い下草はあるのですが、あの葉の硬さ、
空間を切り裂くシャープでロックな雰囲気のニューサイランに
もしブラックがあったら、絶対カッコイイと思います。
例え、世界中の誰も買わなくても、僕は買います!生産農家さん、
是非、開発してください。あと、あまり高くしないでくださいね・・・念のため。

H様邸では銅葉のニューサイランでしたが、
この様な、斑入りのタイプもございます。
ニューサイラン・バリエガータ↓


話が反れました。形や色を変えるだけで、エクステリアは雰囲気が
変わります。今、ご検討中のお客様は、是非、ご相談下さい。
例えば、本体さんのそのエクステリアプラン・・・弊社だとどうなるか・・・??
プランに関しても一期一会です。中々やり替えが効かないからこそ、
ご依頼頂ければ、心を込めて、ご提案と工事を致します。

H様、この場をお借りしまして、ありがとうございました!

1 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 69