1 2 3 4 5 6 20

こんばんは、村山です。

リフォーム工事、どこまでできると思いますか。

リフォーム工事

 

こちら、普通の擁壁を塗装して、コンクリート階段にタイル貼って、

正面の新しい壁を造ったイメージです。

以前、描いたものです。

 

やる気になれば(もちろん、お金もかかりますが)、

お好みのデザインに暮らすことが可能です。

 

今、住んでいるエクステリアデザインを気に入らない方は、

一度、お近くの外構業者にご相談されてはいかがでしょうか。

なお、神奈川、横浜、町田、相模原、川崎、厚木、海老名、

秦野、鎌倉・・・etc. 是非、弊社にご相談頂ければ幸いです。

 

P.S. インスタやってます!ちゃっかり、PR!(笑)

おはようございます、村山です!

いい天気ですね!いよいよ、冬が終わったかな、と感じております。

そうそう、先日の水曜日と木曜日に、幕張メッセで、エクステリアと

ガーデンの新商品展示会が行われていました。私もお伺いしてきました。

三協 グランシャイン
LIXIL
LIXIL プラスG
↑時代は木調×ブラックです。いつもスタバで参考写真を撮ろうと思いつつ、
恥ずかしかったので、ここぞとばかりに撮って撮って撮りまくりました!笑

アルミス
三協 アルミス
↑三協 アルミス・・・形材だからこのスッキリ感が出せたそうです。
鋳物の重厚感もカッコいいですが、まとまった時のスッキリした印象は
ビックリしました。他のメーカーさんも同じこと仰っていました。

オールグラスポーチ
Takasho オールグラスポーチ
↑Takasho オールグラスポーチ・・・カッコイイですよね。
ライティング、音楽・・・今、エクステリアでは、こんな空間演出も
出来るようになって、この先、この業界の更なる可能性を感じました。

 

全体的には、各社、ウッド×ブラックの金物でまとめた商品が増えてきた

気がします。数年前から、インテリア業界で流行しています、

ブルックリンスタイルの影響かと思います。インダストリアルなマテリアルと

ウッディなマテリアルの組み合わせで、クールに仕上げる魅せ方です。

わかりやすい例だと、スターバックスの内装をイメージしてください。

 

ブルックリンスタイル・・・男前インテリアとか塩系インテリアとか

言われますが、名前カッコイイですよね。

エクステリアも、これからは男前エクステリアの時代が来るのでは

ないでしょうか。ただ、これらの商品を使用するわけではなく、

全体のデザインと絡めて、うまい魅せ方をして、

カッコイイ空間を造れればと思いました。

 

 

こんばんは、村山です。

今日は、お試しで、こんな絵を描いてみました。

高低差のある土地をイメージしたので、横浜エリアと

いうことにしておきます←完全に、後付けです!(笑)

designing

エクステリア業界はこの10年で大きく変わった気がするのですが、

こちらを読まれていらっしゃるお客様はどの様に感じていますか?

例えば、工作物と自然のバランスで魅せる様な表現の手法であったり、

メーカーの出している素材・製品であったり、また、シンプルな

デザインが一般的になったことなどでしょうか。

 

時代がAIの時代に突入し、たぶん、以前だったら、非日常を感じるような

ライフスタイルが日常になってきたと思うのですが、同じ様に、

非日常を感じる空間をお客様の家に造ることが、以前よりも

身近なことになってきたと思います。

 

その上で、大事になってくるのは、早いタイミングでの計画・業者選び

ではないでしょうか。早いタイミングでしたら、エクステリア工事の代金も

考慮してローンを組むことも、また、全体のイメージに合わせて、

業者もより踏み込んだ提案ができるのではと思うのです。

 

例えば、アプローチにゲートをつけるなら、それができるように、

建物の配置も検討する必要がありますし、素材の色次第で、

空間を引き締めることができたり、間延びしたり・・・色々と

絡みがあるので。実際に、本体様施工の玄関ポーチのタイルも

白い色が多いと思うのですが、ダーク系の色にするだけでも

空間の締まり方がかなり変わります。もちろん、好みもあると

思うのですが、高い買い物だからこそ、キチンと計画した方が

良いのではと思いました。

 

とはいえ、こんなことを書きながら、既に、建物の話が

詰まっていらっしゃるお客様が一般的だと思います・・・笑

もちろん、ウェルカムです!!!今、決まっている部分から

できる最大限の提案を頑張ります!!!

これは、リフォーム仕事にもつながるのですが、

今ある部分とのバランスを見ながら、どう提案するか、

結局、最後は綺麗に提案を実施し、うまく納めた方が

喜んで頂けると思いますので!

 

テクノロジーの進歩に負けないように、これからの未来を

彩る空間が広がって行けば、デザイン業に従事する者としては

幸いだなと、この頃、よく思います。今、建てられているお客様、

これから建てるお客様、また、リフォームを検討されているお客様は、

是非、お気に入りのエクステリアを検討してみてくださいね。

こんばんは、村山です。

先日完工しました、一条工務店さんの現場から、

ナイトシーンをご紹介します。

一条工務店ナイトシーン

個人的に、この時間帯がすごく好きです。

この仕事に就く前、普段から、この時間帯に

勉強の為、街を散歩しながら、いろんなエクステリアを

見て廻りました。照明があるだけで、

空間の華やかさが全く変わったことを覚えています。

もうずーっと昔の話ですが・・・笑

一条工務店夜景

でも、その頃に感じた率直な気分も大事かなと

時々思い出すようにしています。空間が綺麗にデザイン

されていると、やっぱり違うというか・・・そこに

価値を感じてしまうのです。

 

エクステリアって、結局、住んでる人以外に、

通りを行きかう人にも見られる空間ですので、

是非、魅せるデザインで造ってみてはいかがでしょうか?

まずは、お問合せ頂ければ幸いです。

こんにちは、村山です。

暖かくなりましたね。先日、アップした会社のユキヤナギも

見ごろを迎えています。そして、着実にシマトネリコの

葉っぱが落ちてきていて、シメシメと思ってほくそ笑んでいます(笑)

ユキヤナギ

ユキヤナギ、ランドスケープの世界ではレンギョウと併せて植えたりします。

 

春は花を楽しむシーズンでもありますが、エクステリア業者にとってはカタログの更新シーズンでもあります。

最近は時間を作っては、カタログに目を通しています。一応、がんばっています!笑

20190322101730481_0001

先日に引き続きまして、YKKさんのカタログから、こんな部分を見つけてしまいました

(黄色いマーカーで右下にチェックを付けておきました)。

『介護保険による住宅改修費用の給付について』

こちら、リフォーム工事を検討されていらっしゃるお客様、急遽、手摺が必要になったお客様、

共に気になるところではないでしょうか?

 

ここにも記載されていますが、各市町村によって、詳細は異なります。

今日は、海老名市のケースをモデルに書いてみます。

 

介護保険制度の住宅改修制度に関して(海老名市モデル、2018年度調査)

①利用できる方は『要支援1 or 2』もしくは『要介護1-5』の認定をされている方

②対象となる工事

A:手摺の取り付け

B:段差解消

C:滑り防止の為の床材の変更

D:これらに付帯して必要となる改修工事

③対象となる費用は、最大で20万円まで。その内の1-3割が自己負担。

(つまり、2万円~6万円は自己負担、14万円~18万円が市の負担)

※分かりやすく書くため、障害者福祉制度の住宅設備改良助成制度は

割愛しています(限度額・工事内容が変わります)。

④工事前、事前に市に申請が必要です。事前の申請が無い場合は

介護保険の対象外工事となり、全額自己負担工事となりますので、

ご注意ください!

⑤必要書類

A:申請書(HPからダウンロード可)

B:ケアマネジャー作成による、住宅改修が必要な理由書

C:見積書(介護保険の認定を受けている人宛)

D:工事前の写真(撮影日が分かる必要あり)

E:賃貸の場合は、住宅改修の承諾書

※受領委任払いの話は分かりやすくするため、割愛しました。

 

介護保険を利用しての工事は、こういった助成金制度がございます。

もちろん、市町村ごとによって異なりますので、工事をご検討中のお客様は

まずは、お住まいの市町村のご担当者様、もしくはケアマネジャーさんにご相談

していただけると詳細がわかるかと思います。少しでも助成金があると違うと思いますので、

介護保険を利用しての手摺工事など、ご検討中のお客様は是非、検討してみてくださいね。

長文失礼しました。お役立ち情報でした。

 

P.S. YKKさん、先日に引き続き、かゆい所に

手が届くカタログありがとうございます!

 

 

1 2 3 4 5 6 20