1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 15

こんばんは、村山です。

以前から、弊社代表・星の方で温めていた、お客様サービス企画がございます。

ようやく、準備が整いましたので、お知らせいたします。

植木②

☆この春より外構工事をご契約のお客様

☆1回/年の植木剪定をサービス致します。出血大サービスです(笑)!

☆100万円以上の工事をご契約のお客様(年1回×1回サービス致します)

200万円以上のお客様(年1回×2回サービス致します)

300万円以上のお客様(年1回×3回サービス致します)



500万円以上のお客様(年1回×5回サービス致します)

※このように、工事金額を100万円単位で区切り、
年1回×?年のサービス期間が決まります。

※実施する時期と時間は弊社指定とさせていただきます。

また、芝生と既存植木は対象外と致します。

植木を入れた方が、断然、空間全体の雰囲気が良くなります。

外構だけでなく、建物の見た目もワンランクアップします。

しかし、剪定ができない・・・。。

こういったお客様からの声がよく届いておりました。

植木

実際、剪定を行った方が、風通しが良くなるため、虫が付きにくくなったり、

陽が入ることで、植物の健全な成長につながります。また、空間が綺麗に見えるのです。

お客様に喜んで頂きたい』・・・その想いと共に、弊社は新たな一歩を踏み出すことにしました。

植木は欲しいけど・・・剪定が・・・とお悩み中のお客様、

弊社での工事の場合、上に書いたルールで剪定サービスが付帯します。

是非、弊社をお選びいただき、『植物のある暮らし』『植物のある空間』を堪能して頂ければと思います。

そして、定期的に長くお客様とお付き合いさせていただければ、弊社としても幸いです。

こんにちは、村山です。

2017年も始まってしまいましたね。

年末、会社の大掃除を行い、

ついに机廻りが綺麗になりました。

その時、入社して間もない頃の、先輩に赤ペンで直して

もらった図面や見積やらが出てきて、感慨深くなってしまいました。

種

かたずけをしている際、様々な種が発見されました。

親友からプレゼントされたり、メーカーさんや

先輩から頂いたものです。

植えよう植えようと思ったまま、放置していました(苦笑)

今年のテーマは、『種から始まる2017』でいこうかと思います。

芽が出て、花開いて・・・もっともっとエクステリア業界を発展させて!

こんなことを書く前にまず、植えないと・・・ですね!苦笑

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

本年も皆様に必要とされる会社を目指して、社員一同がんばります!!



弊社は1月5日(木)まで冬季休業とさせていただきます。

翌日6日(金)は社内行事の為、午前中のみの対応とさせていただきます。

休み期間中のお問い合わせは、弊社ホームページの「お問合せフォーム」もしくは exterior@eiwa-garden.co.jp までお願い致します。

お問い合わせのご対応は、休み明けの7日より、ご対応致します。

期間中はご不便おかけいたしますが、宜しくお願い致します。

エクステリアのご提案・お見積り依頼など御座いましたら、お気軽にご相談ください。

本年もよろしくお願いいたします。

koikawa

こんばんは、齋藤です。

本年も大変お世話になりました。

年末年始のお休みについてご案内します。

12月29日(木)~1月5日(木)までお休みさせていただきます。

その後の営業日はこちら。↓

営業日:1月6日(金)午前のみ・7日(土)・10日(火)~14日(土)

上記以降は通常通り、水曜日・日曜日のお休みとさせていただきます。

 

休業中の間のお問合せは下記までお願いいたします。

休み明けより順次対応いたします。

exterior@eiwa-garden.co.jp

 

今年2月に入社し、あっという間の1年でした。

栄和ガーデンに入ってからは、1日・1週間・1か月がとても早く感じ、

充実していたということかな?と思います。

年末年始のご予定は決まりましたか?

私は、既に福袋を予約できたので、早朝から並ばずに済みます(笑

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc

それでは、よいクリスマスと年末年始をお過ごしください♪

こんにちは、村山です。
ここの所、ブログの連投です。出るときは出るケチャップとゴール、
書けるときは書けるブログです!すいません、某サッカー選手発言のパクリです。

たった今、某サッカー選手の発言のパクリをした、私がいえる話ではない
かもしれませんが(笑)、今日は『New Moral Standard』というエクステリア業界の
取り組みに関して、書こうかなと思いました。

New Moral Standard

実は、先日、お打合せの際、図面に載せていた『New Moral Standard』のロゴについて、
お客様から質問を受けました。皆さんは聞いたことはありますか??

悲しいことなのですが、同じエクステリアの業者さんの中で、他社の図面やデザインを
そのまま用いて、施工する心無い会社さんがございます。以前、星も書いていましたが、
たまたま前を通りかかったら、完コピだった・・・という様なことが実際にあるのです。

『他社の図面があれば、そこより安く工事します』・・・この言葉を言う業者さんには、
お客様の為に想いを込めてデザインを考える、お客様のライフスタイル、先々の使い勝手を
考えて図面を描く・・・そういった、プロとして、一番大切な部分が抜けているのです。

そのスタンスでは、工事が取れれば良い、契約がもらえればOK、たとえ、工事の品質を
落としてでも、とりあえず受注・・・という考え方に陥るのです。
例えば、見えない部分である、鉄筋の本数を減らしたり、ブロックの基礎を簡素に作ったり
・・・こうやって、他社より安く工事をしている様です。
その結果、お引き渡し後に、品質面やアフターメンテナンス面での問題が発生します。
最終的に、お客様にご迷惑をおかけしてしまうのです。

そんなことを無くすために、業界として、新しい常識を作りましょう・・・という
動きが出ました。それが『New Moral Standard』です。
弊社もその考え方に賛同しています。簡潔にまとめてみました。

A:お客様へ
これは弊社だけでなく、他社さんで見積もりを取る場合でも
同様なのですが、外構工事の図面・見積を、同業者さんへ
渡さないで欲しいです。
もし運悪く、そこが提案を行わないで、また、図面を描かないで、
デザインをパクる会社だった場合、上にも書きましたが、
どんな施工をされるかわからないので・・・。。。
後で、問題が起きる可能性がございます。
また、図面を渡さないことで、いろんなご提案・デザインを
目にする機会ができます。せっかく見積を取るなら、
その方がお客様にとって良いのではと思うのです。

B:同業者様へ
お互い、他社さんの図面を使わないで、競合しましょう。
そちらの方がお客様もいろんな提案を目にすることができ、
結果的に、喜んでいただけると思います。
また、他社さんの図面を使っての工事がまかり通ってしまうと、
図面の描き手がいなくなり、エクステリア・ガーデンという
文化が衰退してしまいます・・・。。
この悔しさは同業者さんが一番わかると思いますので・・・。
お互い、他社さんの図面を使用しないのが一番だと思うのです。
是非、『New Moral Standard』をご理解いただき、
共に闘って頂けないでしょうか。
ちなみに、ロゴは、WEBで無料ダウンロードできました。
私は、図面にそのロゴを貼っています。
もしくは、会社のHPや広告に掲載して頂いても良いようです。
お互いに、エクステリア業界を盛り上げていきましょう!

最後に、エクステリアは決して安いお買い物ではございません。
また、中々やり替えが効かないのも事実です。だからこそ、お客様の為に、
良い品質で工事をしたいのです!お客様の為に、デザインを考えたいのです!

自分の大好きなこの業界が、少しでも良くなって、
また、少しでも幸せなお客様が増えることを願って、
この記事を書いてみました。長くなってしまい、すみませんでした。
読んで頂いたお客様、同業者様、ありがとうございました!!

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 15