こんにちは、村山です。

随分前ですが、ブログにまとめた、設計GLの話、

反響があったので、他にも図面用語に関してまとめてみました。

ベンチマークとは

図面に書いてある、BMとの記載にご注意ください。

こちらは、『ベンチマーク』の略です。

ベンチマークとは、測量の際の基準です。

よくあるのが、前面道路にある、マンホール天端(マンホール蓋の上部分)を

ベンチマークにするケースです。

 

以前のブログでは、設計GLとは何かについてまとめましたが、

設計GLを決定する際、基準点のベンチマークから幾つを元に

計算します。その為に必要なレベルがBM(ベンチマーク)です。

 

図面によっては、TBMと書いてあるケースもあります。

ここでいう、TBMとは、Temporary bench markの略で、

レベルを取るために、一旦基準としたベンチマークから

更に移設してベンチマークした場合に使うとのことです。

分かりやすく書くと、測量の際、障害物があって、

レーダーがうまく使用できないケースが多々あります。

その際、わかりやすいポイントにベンチマークを再設置し、

そこからの高さを計算して、測量を進めるのですが、

そのことだと思います。

 

但し、外構図・エクステリアの図面の場合、高い確率で設計GLを

基準に図面が作成されているので、図面を見る際は、

まずは、設計GLにご注意くださいね。

もう少し、書きたいのですが、長くなったので、今日はここまでにします。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社