1 2 3 4 5 6 7 8 9 30

こんばんは、村山です。

弊社のモデルガーデンも紅葉が綺麗になってきました。

紅葉

外構・エクステリア工事の際、必ず、シンボルツリーとセットで、

照明を入れることをオススメします!

 

照明があるのと無いのとでは、せっかく工事をする上で、

もったいないと思うので。後からの工事だと、配管が

目立つところに露出する可能性もありますので。

こればかりは、絶対にきちんとご計画してくださいね。

 

普段、仕事をがんばって、家に帰るとき、照明が付いているだけで、

『今日も一日頑張ったな・・・』と思えると思います。

是非、シンボルツリー+照明は欠かさないでください。

こんばんは、Japan Brand Collectionという雑誌をご覧になった事がある方はいますか??

サイバーメディア社より出版の、日本全国の都道府県にある旅館・ホテル・料理店・インテリア・住宅建築など様々な業種のお店を掲載している、ブランディングマガジンになります!

2019神奈川版・2019究極の住まい造りBEST100に続き、2020神奈川版/東京五輪特別号にも弊社の記事を掲載させて頂く事になりました!!



神奈川県内の様々なジャンルのショップ情報が、美しい写真と文章で紹介されています。

今回は帯にも写真を入れて頂く事になりました^^

気になる方は是非書店で手に取って見てください!!

オリンピック観戦のお供にいかがですか?

定価1,200円(税込)のgood priceですよw

koikawa

こんにちは、村山です。

皆さま、インスタグラムやピンタレストなど、各種SNSをやっていますか?

たぶん、多くの方がされているのかなと思います。

今日のテーマは、『映える庭写真の撮り方』です。

少し、昔の写真になってしまうのですが、以下、2枚の写真を比べてみてください。

SONY DSC

Plan.A



SONY DSC

Plan.B



同じ現場でも、カメラの光のテクニック次第で、このぐらい雰囲気が

変わります。もう少し、細かく書くと、

 

Plan.A:自然光(太陽光)モード・・・暖かみを演出できる。

Plan.B:蛍光灯モード・・・クールな反面、都市の撮影に向いています。

 

外構写真やお庭の写真は、暖かみを演出できるPlan.Aが多いかと思うのですが、

モダンな都市の撮影(例、横浜の街並み、工場地帯など)の場合は、

Plan.Bの撮影だと雰囲気が演出できます。

 

外構の場合は、Plan.Aが主流になると思うのですが、個人的には、

物件によっては、敢えて、Plan.Bの撮り方の方が、シンプルモダンの

スッキリ感、シャープさを演出できるのではと思いました。

SNSで映える為には、ちょっと人と違う写真のほうが目立つというか・・・

是非、お試しください!^^

 

P.S. もちろん、カメラによって、機能が違うかもしれない為、

あくまで、ご参考にして頂ければ幸いです。

こんにちは、今日から12月ですね!!

あっという間に今年も残り一か月となりました、やり残したことが無いように時間を大切に過ごしていきたいですw

ここ一週間の真冬の寒さで、モデルガーデンのモミジたちの紅葉が進み色鮮やかに.*・゚

今年はあまり期待していなかったので植物のポテンシャルの高さに感謝です!

来週末頃までは見頃だと思いますので、気になる方は是非是非。



 

弊社モデルガーデンはメーカー商品の展示スペースでは無く、栄和ガーデン/エクステリア&ガーデン デザインのコンセプトを形にした空間になります。

モデルガーデン内には、お客様との打ち合わせスペースとなるオールグラスポーチを併設している為、他のお客様との打ち合わせ中の場合はご覧頂けない場合もあります。

また担当者不在の場合もあるので、ご覧になりたい方は事前にご予約頂けると助かります。

ご予約はお気軽にお問い合わせください!

少しでも多くのお客様に、エクステリア&ガーデンの良さを感じて頂けますように^^

ありがとうございました。

koikawa

こんばんは、村山です。

雨ですね。急に寒くなって、一段と冬に近づいてきた気がします。

個人的に、冬は夜空が綺麗で、また、植木も葉っぱを落として

シルエットが美しく、好きな季節です。寒いですが(笑)

エクステリアの魅力

エクステリアの魅力ってどこにあると思いますか?

僕は、一番の魅力は自然と人工物の調和にあると思います。

人間も自然界に属していますので、自然無しには

人間自身も成り立たないというか。

 

人工物としてある建物、そこに綺麗な樹形の樹を入れて、

自然の砂利を入れて、土から焼いたタイルや、

天然の石を使って・・・自然と人工を調和させて、

一つの世界を演出します。

 

是非、エクステリアのデザインに凝ってくださいね。

デザインに凝ることで、ただの空間が

華やかな世界に一つだけの場所として、生まれ変わることができます。

必然的に、建物の付加価値をあげることも可能です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 30