こんにちは、村山です。

皆さま、インスタグラムやピンタレストなど、各種SNSをやっていますか?

たぶん、多くの方がされているのかなと思います。

今日のテーマは、『映える庭写真の撮り方』です。

少し、昔の写真になってしまうのですが、以下、2枚の写真を比べてみてください。

SONY DSC

Plan.A



SONY DSC

Plan.B



同じ現場でも、カメラの光のテクニック次第で、このぐらい雰囲気が

変わります。もう少し、細かく書くと、

 

Plan.A:自然光(太陽光)モード・・・暖かみを演出できる。

Plan.B:蛍光灯モード・・・クールな反面、都市の撮影に向いています。

 

外構写真やお庭の写真は、暖かみを演出できるPlan.Aが多いかと思うのですが、

モダンな都市の撮影(例、横浜の街並み、工場地帯など)の場合は、

Plan.Bの撮影だと雰囲気が演出できます。

 

外構の場合は、Plan.Aが主流になると思うのですが、個人的には、

物件によっては、敢えて、Plan.Bの撮り方の方が、シンプルモダンの

スッキリ感、シャープさを演出できるのではと思いました。

SNSで映える為には、ちょっと人と違う写真のほうが目立つというか・・・

是非、お試しください!^^

 

P.S. もちろん、カメラによって、機能が違うかもしれない為、

あくまで、ご参考にして頂ければ幸いです。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社