こんばんは、村山です。

近年のエクステリア・ガーデンのお問合せの中に、スロープに関するご相談を

受けるケースも増えてきました。

 

バリアフリー住宅の基準ですが、屋外のスロープの場合、

1/15(0.66%)の勾配が基準となります。

一般的に車庫土間の基準が2%~であることを考慮すると、

少しキツめの車庫勾配ぐらいの感覚です。

 

なお、よく勘違いされる話なのですが、1/12(0.83%)の勾配は、

バリアフリー住宅でも、屋内の基準ですので、お間違いの無いよう、

ご注意ください。

 

外は、雨が降ったり、落ち葉が積もったり、屋内よりも

危険な面もございます。その為、勾配に関してなどの基準も

より厳しい値となります。

 

建築の設計段階で、スロープ工事を入れる予定でしたら、

建物の設計士さんに一度、ご相談してみてはいかがでしょうか。

勾配の関係上、もしくは、車いす用の住宅用エレベーターを

取付が可能な位置に、建物の配置検討なども必要になる為です。

屋外のスロープ、奥が深いです。

 

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社