こんばんは、今日は10月1日より実施させれる消費税率引上げに伴い経済産業省より発表された、需要平準化対策として行われるキャッシュレス・ポイント還元事業についてご紹介です。

消費税率引上げ後の9か月間(2019年10月~2020年6月)に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援するものです。

平たく言うと、消費者が中小の小売店や飲食店などでクレジットカード等を使ってキャッシュレス決済すると、国の支援により通常のクレジットポイントに上乗せされて2~5%ポイントが還元される事業になります(通常のクレジットポイント還元率が2%のカードを使った場合、追加で政府より最大5%のプラス 合計7%のポイント還元)

ポイント還元の方法としては、「支払い額の2~5%がポイントとして付与される」場合と「購入したその場で2~5%分が値引きされた額を支払う」という、2つの方法に分かれるようです。

また、ポイント還元率が2~5%と幅があるのは、フランチャイズ店舗に関しては2%、そうでない中小事業者の店舗については5%という2種類の還元率になるらしいす・・・

イマイチ分かりにくく複雑な印象のポイント還元事業(–;)

こちら経済産業省配布のチラシになります⇩⇩



次回へ続く。。。

ありがとうございました(o_ _)o

koikawa

 

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社