こんにちは、村山です。

こないだのブログに引き続きまして、植物の雄雌の話を書きます。

こないだのは前置きで、実は、ここからが、本題なのですが(笑)

 

以前、アオハダを植えた際、お客様が雌株をご希望とされていて、

畑に探しに行ったのですが、圧倒的に樹形のカッコイイ株(但し、

実が付いていない)と実は付いているから雌株だけれど、

樹形の微妙な株と悩むことになりました。

お客様にご相談させていただいたうえで、雄株でも

樹形の綺麗な樹を植えさせて頂きました。

 

植えてから、一年後、お客様から、『実が付きました!』との

連絡をもらいました。おそらく、まだ、成熟していなかった様です。

以前、どこかで読んだのですが、H3.5mぐらいにならないと

成熟しないとか何とか・・・。畑で見た時はH2.0mぐらいで実が付いている

株もあったので、もしかすると、樹の個体差なのかもしれないですが。

 

いずれにしても、外構工事でよく植えられるサイズでは、

まだ、成熟が不十分なことも考えられます(←但し、

最近のエクステリア業界では、4Mとか5Mとかシンボルツリーで

植えられる様になってきたので、一概には言えないです。

そして、もし、金額的に可能であれば、大きく樹形がある程度、

仕上がってきている樹を植えた方が

よりカッコイイ空間になります・・・ザ・余談です!笑)。

 

そういったことから考慮してみて、雄雌より、樹形など、

別の視点で選ばせていただいた方が良いのかなと

思いました。そして、樹形をベースに選ぶ上で、

是非、お任せの樹を植えさせてください。

そうすることで、全体の空間バランスとの

兼ね合いを考慮したうえで、一番オススメの

良い形で全体を仕上げることができると思います。

長文、失礼しました!

2929_180529

↑相模原市で以前、工事させていただいた、住友林業のお客様の所です。
この樹の迫力あってこそ、この空間です!

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社