こんばんは、星です。

今日は建物の配置とアプローチについてお話しさせてください。

玄関入り口と道路を結ぶ導線で日々歩くところであり、お客様を迎えるお家の顔といっても良い部分です。
主に階段やスロープなどで玄関の高さと道路を結ぶアプローチ。
一般的には階段の高さ、蹴上は15-18cm、踏面は30cmですが、蹴上を10-12cm、踏面を60-90cmくらいに、浅く広くするとどうでしょう?

横浜市で自然石階段の施工事例↓
4E58E349-3518-4191-A583-EC1FCAF561AC


横浜市でタイル階段の施工事例↓
F424DA5B-C9E2-46DA-9D82-1E7FD82F4A6F


ゆったりしたおしゃれな階段になりますね!
フロア毎に少しづつスライドさせ変化をつけ、できたデットスペースに左右シンボルツリーを配置。樹々のアーチをくぐり抜けるアプローチ、、、、。いい感じ!

ただし、ゆったりさせるには階段の段数が増え距離も伸びます。
玄関と道路の距離が必要になります。

なので、このように外構工事でステキなアプローチをデザインするには建物の配置計画が非常に重要になってきます。
建物の間取りが優先されがちですが、おしゃれな外構、ステキな外構を希望されている方はアプローチの距離を意識して配置計画を検討してください!

でも距離が取れなかった場合の方も安心してください。格好良く見せる方法あります!
次の機会でup致しますw

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社