こんにちは、齋藤です。

 

今回は、シンボルツリーのお話です。

 

 

弊社では、下記の樹木を提案する頻度が高いです。

・シマトネリコ(常緑)

・アオダモ(落葉)

・アオハダ(落葉)

・ジューンベリー(落葉)

・マルバノキ(落葉)

・クロモジ(落葉)

・ハウチワカエデ(落葉)

・イロハモミジ(落葉)

等々…

 

同じように見えるカエデやモミジの葉も、こんなに違いがあります。

以下引用

葉の種類

引用終わり(出典:カエデともみじ

(※リンク先のHPはとても専門的で面白いです。)

 

お客様が、長年大事にされていた既存の木を移植することもございます。

アプローチから敷地境界までスペースが取れる場合は、

高木を何本か入れられることをお勧めします。

2~3種の樹木を入れることで、季節の移り変わりをより感じることができます。

もちろん、高木が1本だけでもあるのと無いのとでは印象が大きく変わります。

0101_180511

0707_180511

1111_180518

 

植栽の枝ぶりや葉の緑が、良い意味で空間をぼかして繋げてくれる役割を担ってくれます。

弊社では、0円剪定というサービスもありますので、お気軽に植栽について相談していただければと思います。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社