こんにちは、村山です!

昨日に引き続き、今日はFITパワーの工事にお伺いして参りました。

昨日のブログを読んでいない方の為・・・、あらすじ(?)を。

FITパワーとは、大林株式会社様が開発した、既存エクステリアの

耐震補強を行う画期的な商品です。昨日、現地で位置出し→穴掘り→仮組み

を行い、今日はボルトの増し締め、地中杭の施工、そして、基礎コンクリート

打設を行いました。

G
↑ボルトの増し締め。19mmのソケットが必要です。

AB
↑地中杭です。ゴツくて、すごくシッカリとした安心感があります。
正式名称はロックボルト杭基礎工法といいます。カッコイイ名前と思うのは
私だけでしょうか??笑

CDE
↑コンクリートを練っていきます。今回は標準仕様で工事しました。
標準仕様の場合、コンクリートです(モルタルでは強度が出ません)。
これを見せたくて、骨材の写真を撮ってみました。

F
↑流し込みます。少しだけやってみたのですが・・・職人さん達に甘えてしまいました。
カメラ係ということで・・・笑

H
↑こんな感じになりました。固まってから、上に土を戻しにお伺い致します。

I
↑道路側から見ると、亜鉛メッキのプレートが綺麗でした。

FITパワー工事記録でした。あとは、養生期間が過ぎれば、

安心です。K様、この度はありがとうございました!

明日もお伺い致しますので、引き続き、よろしくお願いいたします!

なお、今、既存ブロックの耐震をお考え中のお客様、

是非、大林株式会社様のFITパワーをご検討してみては、

いかがでしょうか。狭小地だと、ブロックのやり替えが

難しいのが実際の為、すごく画期的な商品だと思います。

なお、大林株式会社の商品で、耐震ゲートのFITゲート、

耐震ウォールのFITウォールという商品もございます。

こちらも、弊社の方で、施工しておりますので、

今度、改めて、ブログ記事UPしていきますね。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

株式会社 栄和ガーデン