こんにちは、齋藤です。

 

日本の住宅におけるアプローチのアイデアについて、

分かりやすく紹介されている記事がありました。

 

 

実際に設計していると、旗竿敷地や、高低差のある物件も多々あります。

旗竿敷地ですと、ほとんどの場合は竿にあたる部分の敷地は、駐車スペースになります。

駐車スペースは、一般的に人の出入りや荷物の出し入れを想定して

車の周囲に600~900(mm)確保できるようにしています。

(人が歩くだけの部分は、幅900~1200(mm)を確保するようにしています。)

 

高低差のある敷地の場合、既存のRC擁壁や、型枠ブロック、玉石による土留めを解体する場合は、

解体費用に充分な予算を充てる必要があります。

なるべく既存部分を残して、一部解体するという方法もあります。

(赤枠:既存RC擁壁の点線範囲を解体しました。)

既存部分

植栽スペースに、2.0m以上の高木を植える場合は、最低でも600×600(mm)の面積が必要です。

3.0m前後の高木のためには、900×900(mm)程度は欲しいところです。

(必ずしも正方形でなくても構いません。)

 

ご自宅の敷地形状の条件と、確保しなければいけない面積や、

ご要望、用途に合わせた設計をしています。

 

 

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社