ご提案

排水溝

2018/5/13 14:00

こんにちは、村山です。

今日は外構屋にとっては、大きなテーマ、水の問題に関してです。

外構屋は常に水の流れ方について考えております。

特に、人が歩く所だと、気をつかいます。

目地

こちらの現場は壁がクランクしていたため、

排水溝を造ってみました。タイルで仕上げています。

排水のシステムも現場ごとに様々です。

排水溝でも、モルタル左官仕上げにしてみたり、

(特に排水溝は設けず)タイルを気持ち曲げて貼って、水を流れるように現場調整したり、

壁と石の間の目地部分を深くすることで、排水溝にしてみたり・・・

現場ごとに考えて、その場その場の判断で納めています。

今回のケースでは、壁が完全にクランクしていたので、

こういった納まりにしました。

弊社の場合、営業担当/設計担当/工事担当と分業に

なっているのですが、それぞれの担当が、それぞれの考えを持って、

工事を進めています。こうすることで、ダブルチェック・トリプルチェックと

なるので、より丁寧な仕事ができるのではないでしょうか。

この現場も相当考えましたよ。結果、お客様に喜んで頂ける工事が出来たと思います。

すべてが良い思い出です。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

栄和ガーデン株式会社