こんにちは、齋藤です。

 

以前の記事でご紹介していた、「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」という映画を観てきました。

E1027を設計したのは、アイリーン・グレイだということは知っていましたが、

それ以上の詳しいことは知りませんでした。

どこかで見たことのある家具が、実は彼女がデザインしたものだったと分かりました。

とても分かりやすく説明されている記事がありましたので、ご紹介します。

 

 

コルビュジエは住宅は「住むための機械」という考えですが、

グレイは映画では「人(の生活)を包み込む殻」だと表現していました。

グレイがE1027の設計図を手に、実際に広い床を歩き回り、

動線が滑らかになるよう扉や家具の位置を確認しているシーンが

まるで踊っているようで印象的でした。

住む人がどのように動き、

どのようなライフスタイルで生活するのかを考え、緻密に設計に取り入れています。

以前の新・前川國男についての記事にも、部屋にグレイのサイドテーブルがあります。

エクステリアの設計でも、住む人がどのように過ごしたいのかを考え、

用途にあったものをデザインしています。

 

***

少し似た作品では、ティム・バートンの「ビッグ・アイズ」を思い出しました。

男性優位主義という点では、「『龍角散』復活 左遷された女性開発者が原動力に」

という記事を思い出します。

この映画の監督の言う「今でも普遍的にある問題にかかわっている。」という言葉は

悲しいことですがまさにその通りでもあります。

 

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

株式会社 栄和ガーデン