こんにちは、齋藤です。

2棟現存する前川國男自邸のうち、新しい方が記事になっています。↓

 

 

以前書いた旧・前川國男自邸についての記事→

 

新・自邸では、旧と同じく外部と大きな窓でつながり、

外からの光をふんだんに取り入れる工夫がなされています。

お風呂場の雪見窓から、庭の一部を見ることができるとありますが、

弊社の施工事例でも、建物裏側に窓がある場合、

窓前に植栽と照明を設置するご提案を何度かしたことがあります。

窓という限られた範囲で見える風景が、より良い雰囲気になるようお手伝いさせていただきます。

こちらの記事では、坪庭の施工をしています。→

 

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

株式会社 栄和ガーデン