こんにちは、齋藤です。

 

以前の記事で、「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」

という映画を紹介しました。

アイリーン・グレイというデザイナーのドキュメンタリー映画も

上記の映画公開を記念して上映されるそうです。

「アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー」 ←YouTubeでの予告編へ飛びます。

アイリーン・グレイ 孤高のデザイナー

予告編では、「彼女は未来のデザインを予測していた。」

「この家具が本当に自分の生活にふさわしいか。」という言葉があります。

 

いつの時代の人が見ても新しさ・心地よさを感じることができる

デザインがずっと残るものだと思います。

 

リフォーム産業新聞に「新興プラスチックス、新宿伊勢丹に期間限定ショップをオープン」

という記事がありました。

アクリル素材の椅子を販売していたようです。

アクリル素材の椅子といえば、私は倉俣史朗ミス・ブランチが思い出されます。

こちらも座り心地はあまり良くなさそうですが(笑)、

1度見たら忘れられない美しさです。

ミス・ブランチという名称も、「欲望という名の電車」という映画の主人公の名前です。

ヴィヴィアン・リーが演じていました。

「風と共に去りぬ」での、はつらつとした演技とは雰囲気が全く違った役柄でした。

是非、ミス・ブランチの椅子と映画を見て

「何故このデザインにしたのだろう?」と思いを巡らせていただけたらと思います。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

株式会社 栄和ガーデン