1 2 3 4 5 6 7 33

こんにちは、村山です。
先日、UPしました、ビュースルーフェンス マットガラスの
記事に関連して、もう一件、以前の現場からご紹介します。

ビュースルーフェンス

こちらもTakashoさんのビュースルーフェンスです。
土曜日にUPした『ビュースルーフェンス②』の現場もそうですが、
ガラスを用いると、ガラス特有の視覚からも感じる重厚感が
空間にパンチを効かせるのです。

タイルアプローチ

併せて、同じ現場の正面をご紹介します。
タイルをリズム良く貼って、デザインしました。
やっぱり、デザインって面白いなと。作っていて面白く、
後で見ても面白いです。

ここの所、3回に渡って、ガラスのフェンスのご紹介をして参りました。
途中、New Moral Standardの話など、挟みましたが・・・。
以前から気になっているのですが、YKKさんの商品にガラスの門扉が
ございます。こちらも使いたくてたまりません。
アクセントはもちろん、ガラスゴロタ!
そして、提案する私はガラスの心・・・だと良いのですが・・・!苦笑
来年こそ、ガラスの様な繊細な心(?)を目指して頑張ります!笑

一体、何の宣言でしょうか・・・(苦笑)、そして、まだ、少し早いかもですが、
今年、お世話になりました、お客様・職人さん・取引先の皆さま・
ブログの読者様・会社の皆さま、一年間ありがとうござました!

また、来年もゆるーく、エクステリアについてつぶやいていきますので、
引き続きお付き合いいただければ幸いです。

こんにちは、今日はエクステリアイメージパースのご紹介です。

こちらのパースは南側掃出し窓前のお庭スペースと和室前の坪庭をご提案させ頂いたものです。

残念ながら形には出来ませんでしたが・・・せっかくなので。




人工目のウッドデッキにタイル貼りのベンチ 兼 花壇を設置して、くつろぎの空間に。




坪庭は築山を造り立体的なデザインにしています。砂苔を貼り和の植栽を中心にしっとりした雰囲気に!

koikawa

こんにちは、村山です。
ここの所、ブログの連投です。出るときは出るケチャップとゴール、
書けるときは書けるブログです!すいません、某サッカー選手発言のパクリです。

たった今、某サッカー選手の発言のパクリをした、私がいえる話ではない
かもしれませんが(笑)、今日は『New Moral Standard』というエクステリア業界の
取り組みに関して、書こうかなと思いました。

New Moral Standard

実は、先日、お打合せの際、図面に載せていた『New Moral Standard』のロゴについて、
お客様から質問を受けました。皆さんは聞いたことはありますか??

悲しいことなのですが、同じエクステリアの業者さんの中で、他社の図面やデザインを
そのまま用いて、施工する心無い会社さんがございます。以前、星も書いていましたが、
たまたま前を通りかかったら、完コピだった・・・という様なことが実際にあるのです。

『他社の図面があれば、そこより安く工事します』・・・この言葉を言う業者さんには、
お客様の為に想いを込めてデザインを考える、お客様のライフスタイル、先々の使い勝手を
考えて図面を描く・・・そういった、プロとして、一番大切な部分が抜けているのです。

そのスタンスでは、工事が取れれば良い、契約がもらえればOK、たとえ、工事の品質を
落としてでも、とりあえず受注・・・という考え方に陥るのです。
例えば、見えない部分である、鉄筋の本数を減らしたり、ブロックの基礎を簡素に作ったり
・・・こうやって、他社より安く工事をしている様です。
その結果、お引き渡し後に、品質面やアフターメンテナンス面での問題が発生します。
最終的に、お客様にご迷惑をおかけしてしまうのです。

そんなことを無くすために、業界として、新しい常識を作りましょう・・・という
動きが出ました。それが『New Moral Standard』です。
弊社もその考え方に賛同しています。簡潔にまとめてみました。

A:お客様へ
これは弊社だけでなく、他社さんで見積もりを取る場合でも
同様なのですが、外構工事の図面・見積を、同業者さんへ
渡さないで欲しいです。
もし運悪く、そこが提案を行わないで、また、図面を描かないで、
デザインをパクる会社だった場合、上にも書きましたが、
どんな施工をされるかわからないので・・・。。。
後で、問題が起きる可能性がございます。
また、図面を渡さないことで、いろんなご提案・デザインを
目にする機会ができます。せっかく見積を取るなら、
その方がお客様にとって良いのではと思うのです。

B:同業者様へ
お互い、他社さんの図面を使わないで、競合しましょう。
そちらの方がお客様もいろんな提案を目にすることができ、
結果的に、喜んでいただけると思います。
また、他社さんの図面を使っての工事がまかり通ってしまうと、
図面の描き手がいなくなり、エクステリア・ガーデンという
文化が衰退してしまいます・・・。。
この悔しさは同業者さんが一番わかると思いますので・・・。
お互い、他社さんの図面を使用しないのが一番だと思うのです。
是非、『New Moral Standard』をご理解いただき、
共に闘って頂けないでしょうか。
ちなみに、ロゴは、WEBで無料ダウンロードできました。
私は、図面にそのロゴを貼っています。
もしくは、会社のHPや広告に掲載して頂いても良いようです。
お互いに、エクステリア業界を盛り上げていきましょう!

最後に、エクステリアは決して安いお買い物ではございません。
また、中々やり替えが効かないのも事実です。だからこそ、お客様の為に、
良い品質で工事をしたいのです!お客様の為に、デザインを考えたいのです!

自分の大好きなこの業界が、少しでも良くなって、
また、少しでも幸せなお客様が増えることを願って、
この記事を書いてみました。長くなってしまい、すみませんでした。
読んで頂いたお客様、同業者様、ありがとうございました!!

こんばんは、今日は11月に完成した藤沢市のTさま邸のご紹介となります。

9月末から着工し、11月半ばに無事にお引渡しとなりました!工事期間中の悪天候により作業出来ない日や、左官下地の養生期間を除けば実質の工期はおよそ1か月程度になります。



建物外壁に使用されている厚みが15mm~45mmと凹凸があり、重厚感もあるラスティック石をエクステリアでも取り入れたデザインウォールをご提案させて頂きました。

機能門柱とポストは、ラスティックの重厚感に負けないように重みのあるブラックをチョイス。

塗り壁はSK化研ベルアートSiのトラバーチン仕上げで色合いはブラウン系のホワイトとなります。

アプローチ兼駐車場の床仕上げは、ブラックの石英石にラスティックの短冊石を組み合わせた、石貼り仕上げとなります。

石貼りの場合は通常10mm程度のモルタル目地をとるのですが、今回は目地をとらず突付けで施工させて頂きました。

モルタル目地のグレーな色合いが無い為、スッキリした印象になり個人的にお気に入りです。

植栽は湘南の雰囲気に合せてリゾート感のある植栽でまとめております。



全体の色合いを基調色のブラウンとアクセントカラーのブラックで統一し、モダンでかっこいいエクステリアに仕上がりました。

Tさま、写真撮影にご協力頂き有難うございました。

Koikawa

Platycerium ridleyi

こんにちは、齋藤です。

 

2016年は「アースカラー」が流行色となっていましたが、

2017年は「イン・ザ・ムード」という「平穏」をテーマにした色が流行るそうです。

 

・アースカラー

自然界に存在する色。大地や植物、動物の体表などから着想を得た色のこと。

ブラウン系のみを指す場合と、グリーン系まで含める場合がある。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%82%ad

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5

・イン・ザ・ムード(平穏)

グレーと紫の中間色。大地の平穏さを表現した色。

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%89

 

以前の記事でも色について取り上げましたが、

毎年流行の色を決めているというのは面白いですね。

アースカラーが流行った今年は、女性のネイルの色でセメントのようなグレーをよく見る機会がありました。

グレーががったパステルピンクや、くすんだ青もよく見られたと思います。

個人的には、青系統の色が好きなので、来年の流行色には鉄紺が合いそうだな~と思っております。

%e9%89%84%e7%b4%ba

 

流行色とは言っても、上記のようなナチュラルな色味は流行に左右されず、

長く楽しめる色だと思います。

エクステリアは、常にアースカラーに囲まれていると言えます。

自然石や植栽は一つとして同じものが無く、

晴れた日も、雨の日もそれぞれ違う表情を見せてくれるのも魅力です。

%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ab

サラストーン フランカ

%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9

ラッフルフェイス

%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a5

アフィオン・シャンパーニュ

(全て東京水産より)

1 2 3 4 5 6 7 33