こんばんは、村山です。

突然ですが、外、寒くなりましたねぇ・・・。

ここまで寒いと、私の頭の中は植物の事でいっぱいになってしまいます。

寒い時期をどうやって、うまく越させてあげるか・・・。

実は、今朝、会社に来る前に、ダンボールとサランラップでお手製の小さな温室を作ってみました。

やっぱり、植物は家族の様なもので、大事にしたいなと思ってしまうのです。

シラカバ

エクステリアで用いる、シンボルツリーという概念。無いよりはある方が断然良いと思います。

自分が植物が好きということもありますが、それ以前に、植物が入るだけで、

建物の雰囲気、全体のデザインがまとまる印象があるからです。

また、枝や葉の持つ柔らかさは、人の目にも優しいと思います。

シマトネリコの涼しい影

現在、建物をご計画中のお客様、もしこちらの記事を読んでいらっしゃったら、

是非、家の中から見る植物、それを考えながら、間取りをご計画して頂くと

いいのかもしれません。また、今、エクステリアをご検討中の段階のお客様も是非、

シンボルツリーを取り込んでみてください。

シンボルツリー+スポットライト・・・これだけでも、一つの絵ができると思います。

12月21日(冬至)を超えて、これから日が長くなるはずです。

まだまだ、外は寒いですが、植物クン達にも春が来るまで、もう少し

がんばってもらえればいいなと思っております。

P.S. 写真は2枚とも横浜の現場からです。弊社HPに全景など、

色んな角度からの写真が載っておりますので、ご興味のあるお客様は

チェックして頂ければ幸いです。

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

株式会社 栄和ガーデン