こんにちは、村山です。
ここの所、ブログの連投です。出るときは出るケチャップとゴール、
書けるときは書けるブログです!すいません、某サッカー選手発言のパクリです。

たった今、某サッカー選手の発言のパクリをした、私がいえる話ではない
かもしれませんが(笑)、今日は『New Moral Standard』というエクステリア業界の
取り組みに関して、書こうかなと思いました。

New Moral Standard

実は、先日、お打合せの際、図面に載せていた『New Moral Standard』のロゴについて、
お客様から質問を受けました。皆さんは聞いたことはありますか??

悲しいことなのですが、同じエクステリアの業者さんの中で、他社の図面やデザインを
そのまま用いて、施工する心無い会社さんがございます。以前、星も書いていましたが、
たまたま前を通りかかったら、完コピだった・・・という様なことが実際にあるのです。

『他社の図面があれば、そこより安く工事します』・・・この言葉を言う業者さんには、
お客様の為に想いを込めてデザインを考える、お客様のライフスタイル、先々の使い勝手を
考えて図面を描く・・・そういった、プロとして、一番大切な部分が抜けているのです。

そのスタンスでは、工事が取れれば良い、契約がもらえればOK、たとえ、工事の品質を
落としてでも、とりあえず受注・・・という考え方に陥るのです。
例えば、見えない部分である、鉄筋の本数を減らしたり、ブロックの基礎を簡素に作ったり
・・・こうやって、他社より安く工事をしている様です。
その結果、お引き渡し後に、品質面やアフターメンテナンス面での問題が発生します。
最終的に、お客様にご迷惑をおかけしてしまうのです。

そんなことを無くすために、業界として、新しい常識を作りましょう・・・という
動きが出ました。それが『New Moral Standard』です。
弊社もその考え方に賛同しています。簡潔にまとめてみました。

A:お客様へ
これは弊社だけでなく、他社さんで見積もりを取る場合でも
同様なのですが、外構工事の図面・見積を、同業者さんへ
渡さないで欲しいです。
もし運悪く、そこが提案を行わないで、また、図面を描かないで、
デザインをパクる会社だった場合、上にも書きましたが、
どんな施工をされるかわからないので・・・。。。
後で、問題が起きる可能性がございます。
また、図面を渡さないことで、いろんなご提案・デザインを
目にする機会ができます。せっかく見積を取るなら、
その方がお客様にとって良いのではと思うのです。

B:同業者様へ
お互い、他社さんの図面を使わないで、競合しましょう。
そちらの方がお客様もいろんな提案を目にすることができ、
結果的に、喜んでいただけると思います。
また、他社さんの図面を使っての工事がまかり通ってしまうと、
図面の描き手がいなくなり、エクステリア・ガーデンという
文化が衰退してしまいます・・・。。
この悔しさは同業者さんが一番わかると思いますので・・・。
お互い、他社さんの図面を使用しないのが一番だと思うのです。
是非、『New Moral Standard』をご理解いただき、
共に闘って頂けないでしょうか。
ちなみに、ロゴは、WEBで無料ダウンロードできました。
私は、図面にそのロゴを貼っています。
もしくは、会社のHPや広告に掲載して頂いても良いようです。
お互いに、エクステリア業界を盛り上げていきましょう!

最後に、エクステリアは決して安いお買い物ではございません。
また、中々やり替えが効かないのも事実です。だからこそ、お客様の為に、
良い品質で工事をしたいのです!お客様の為に、デザインを考えたいのです!

自分の大好きなこの業界が、少しでも良くなって、
また、少しでも幸せなお客様が増えることを願って、
この記事を書いてみました。長くなってしまい、すみませんでした。
読んで頂いたお客様、同業者様、ありがとうございました!!

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

株式会社 栄和ガーデン