こんばんは、村山です。
昨日、大和市で施工中の現場に行ってきました。

丁張りはアート

↑お伺いした際、門袖壁の為の丁張(ちょうはり)真っ只中でした。

丁張とは・・・工事の為の位置出し作業です。
工事を行う際の基準造りと考えて頂ければ
わかりやすいかなと思います。
空間の中で土もボコボコしていますし、
基準を作らないと工事ができない為、
基準造りです。別名、遣り方(やり方)、
水盛り(みずもり)です。

※但し、職人さんによって、施工法が異なるため、この方法を
用いない方もいらっしゃいます。流儀はいろいろあるため、
一例として見て頂ければと思います。

見れば見るほど、アートです。正直、門袖を作って、丁張を壊すのが
もったいないと感じてしまいました。でも、門袖の為の丁張なんですよね!笑
壊すのに、綺麗につくる・・・聞いてみたところ、『門廻りだから
庭の袖壁よりも門みたいに作ってみたんだよ~』とのこと。ますます、
壊すのがもったいなくなってしまいました!笑

すごい掘削

↑そして、この丁張下、門袖の基礎を作るため、土をガッツリと
掘ってもらいました。こちら、手掘りです。図面を絵で描くのは簡単ですが、
現場はものすごい力仕事です。完成したら、見えない部分ですが、この深い所に、
コンクリートで門袖の基礎を作ります。見えない部分でも、暑い中でも
シッカリ施工する職人さん、心から尊敬します。

地盤改良中の井田先生

↑職人の井田先生です。地盤改良(じばんかいりょう)を行っているところです。
埋め戻す土をしっかりとした地盤にするため、改良材を混ぜて、キッチリ転圧を
かけている所です。井田先生が手にしている『タンパ』、実はメチャクチャ重いです。
それを軽々と地面に打ち付ける先生・・・地面が揺れていました!笑

配筋中の井田先生

↑配筋中の井田先生です。地盤改良した上に、アクセントの壁を施工します。
その為、鉄筋を組んでいる所です。写真だとわかりにくいのですが、
ものすごいスピードでした。

袖壁の配筋

↑配筋が終わったところです。整然としていますよね?これ、すべてキッチリと
寸法を測って組んでいます。この後、鉄筋キャップをされていました。
キッチリ施工と安全配慮、そして綺麗な現場造り。私も心を入れ替えようと思いました!笑
いや、本気で、そろそろ会社の机廻りを綺麗にしないとなと。サンプルの石とかで、時々、会社でも特にデンジャラスな空間になっているので・・・(苦笑)

『職人魂』・・・井田先生と話していて、現場を見ていて、職人魂を実感しました。
一言で言い表すと、『空間アーティスト』です!完成したエクステリア、
その姿も大切ですが、それと同じくらい、工事中の職人さんの製作風景も大切だなと。
少しでも、見て頂ければ幸いだなと、書いてたら長いブログになっていました。

井田先生、昨日はありがとうございました!貴重な瞬間に立ち会えたと思います。
『モノ造り』をする上での考え方、色んなお話を聞くことができ、心から尊敬しております。
また、現場にお伺いします。是非、見させてください!

追伸:K様、今回は弊社をお選びいただきまして、ありがとうございました!
また、お伺いさせていただきます!

 

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

株式会社 栄和ガーデン