1 2 3 4 5 6 33

こんばんは、クリスマスも終わり早いもので今年も後4日となりました。今年一年も、多くのお客様から図面&見積のご依頼意を頂き有難うございました。
担当させて頂いた一軒一軒、敷地条件・建物配置・建物デザイン・コスト 等、様々な条件を考慮して私なりのベストなプランをご提案させて頂きましたが・・・
全てのお客様に満足して頂けるプランとは程遠く、一部のお客様にはせっかくご依頼して頂いたにも拘らず、エクステリア工事のお手伝いをさせて頂く事が出来ませんでした。まだまだ力不足です。
来年は、よりいっそう満足して頂けるプランをご提案出来るようにがんばります!

2016年最後はイメージパースをご紹介です。



RC造のデザインウォールにアルミフレールを組み合わせた、モダンなエクステリアになります。

フレーム効果で引き締まった空間が演出できます。

フレームにはダウンライトを入れてライトアップ。



2017年もよろしくお願いいたします!

koikawa

Tillandsia duratii

こんばんは、村山です。

突然ですが、外、寒くなりましたねぇ・・・。

ここまで寒いと、私の頭の中は植物の事でいっぱいになってしまいます。

寒い時期をどうやって、うまく越させてあげるか・・・。

実は、今朝、会社に来る前に、ダンボールとサランラップでお手製の小さな温室を作ってみました。

やっぱり、植物は家族の様なもので、大事にしたいなと思ってしまうのです。

シラカバ

エクステリアで用いる、シンボルツリーという概念。無いよりはある方が断然良いと思います。

自分が植物が好きということもありますが、それ以前に、植物が入るだけで、

建物の雰囲気、全体のデザインがまとまる印象があるからです。

また、枝や葉の持つ柔らかさは、人の目にも優しいと思います。

シマトネリコの涼しい影

現在、建物をご計画中のお客様、もしこちらの記事を読んでいらっしゃったら、

是非、家の中から見る植物、それを考えながら、間取りをご計画して頂くと

いいのかもしれません。また、今、エクステリアをご検討中の段階のお客様も是非、

シンボルツリーを取り込んでみてください。

シンボルツリー+スポットライト・・・これだけでも、一つの絵ができると思います。

12月21日(冬至)を超えて、これから日が長くなるはずです。

まだまだ、外は寒いですが、植物クン達にも春が来るまで、もう少し

がんばってもらえればいいなと思っております。

P.S. 写真は2枚とも横浜の現場からです。弊社HPに全景など、

色んな角度からの写真が載っておりますので、ご興味のあるお客様は

チェックして頂ければ幸いです。

こんばんは、齋藤です。

本年も大変お世話になりました。

年末年始のお休みについてご案内します。

12月29日(木)~1月5日(木)までお休みさせていただきます。

その後の営業日はこちら。↓

営業日:1月6日(金)午前のみ・7日(土)・10日(火)~14日(土)

上記以降は通常通り、水曜日・日曜日のお休みとさせていただきます。

 

休業中の間のお問合せは下記までお願いいたします。

休み明けより順次対応いたします。

exterior@eiwa-garden.co.jp

 

今年2月に入社し、あっという間の1年でした。

栄和ガーデンに入ってからは、1日・1週間・1か月がとても早く感じ、

充実していたということかな?と思います。

年末年始のご予定は決まりましたか?

私は、既に福袋を予約できたので、早朝から並ばずに済みます(笑

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc

それでは、よいクリスマスと年末年始をお過ごしください♪

こんばんは、今日は横浜市の施工中現場のご紹介です。

白い建物外壁にラスティブラウンのサッシ、玄関横にはブラウンの縦格子スリットが付いている、二色の色合いで構成されたすっきりした印象のUさま邸です。

建設地は閑静な住宅街で、落ち着いた街並みの景観に合うようなエクステリアをご提案させて頂きました。

玄関ポーチ上から道路レベルまでが約900mmという高低差を活かし、大判の自然石を使用したフローティング階段をファサードのメインに配置した、Naturalエクステリアになります。



階段下は300×600角の方形石貼りになります。

部分的に取り入れた乱形石が良いアクセントになってます、石の貼り方も丁寧でとても綺麗に仕上がりました。

3 5

昨日土間コンクリートを打ち終わり、只今養生中となります。冬の時期だと生コン打設後、車載可能までは7日程度の養生期間が必要となります。

後は門袖の左官仕上げ工事・砂利&植栽工事・裏のテラス工事となります。

完成までもう少しです!

こちらはご提案させて頂いたイメージパースとなります。

6 7

またご紹介させて頂きます。

koikawa

Tillandsia straminea

こんにちは、齋藤です。

 

谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」を読んだのですが、

影のあり方について考えさせられました。

日本人の性質には、暗い室内が合っているのだそうです。

どういうことかと言うと、漆の器の美しさ、

屏風の美しさや、着物に使われる金銀の糸のきらめき、

日本人の肌の白さは、陰翳の中でこそ映えるものだということでした。

暗闇の中から、漆器に施された装飾の凹凸や、

器内の料理の暖かさ、漆が反射する鈍い光が現代の日本には少なくなってしまったとあります。

 

現代の日本の住宅では、谷崎の憧れるような生活は難しいかと思います。

実際、谷崎自身も純和風を賛美していながら、洋風の住宅に住んでいましたし…。

エクステリアでは、夜間の演出・安全のために照明を設置します。

植栽を下から照らし、背後の門袖や建物に影を移す様子はとても風情があると思います。

仕事や学校から帰ってきた際に、ほっとする空間になるよう心がけています。

%e6%a8%aa%e6%b5%9c%e5%b8%82%e3%80%80t%e6%a7%98%e9%82%b8

%e6%b5%b7%e8%80%81%e5%90%8d%e5%b8%82%e3%80%80k%e6%a7%98%e9%82%b8

%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82%e3%80%80s%e6%a7%98%e9%82%b8

%e5%b7%9d%e5%b4%8e%e5%b8%82%e3%80%80n%e6%a7%98%e9%82%b8

 

京都の「ソワレ」という喫茶店では、女性の肌が美しく見えるという理由から、

青白い照明が採用されています。

また、渋谷にある「音楽喫茶 ライオン」は店内で流れる音楽に集中するため、

ほとんど真っ暗です。そして、私語厳禁という雰囲気…!

薄暗い店内で、陰翳を楽しむのもいいですね。

 

1 2 3 4 5 6 33