こんにちは、村山です。
本日、図面を描いてる上で、建物の情報を読み込んでいた所、
外壁部分で、とある記号を発見しました。

『ニトー N-〇〇』

調べてみても分からなかったため、社長に聞いてみました↓


日本塗料工業会、色サンプル

こちらとのことです。ニトーを私はてっきり、NITTOさん(商材メーカー)と
勘違いしていましたが、日本塗料の略称だったようです。

同じNの色相の中でも、明度が変わるとこんなに違います↓


そうです、エクステリアでは既に決まってきている建物の色味に対しての素材選び・色選びを行うケースが多いです。
そのため、形状の追及も大事ですが、色味の把握も大切になります。
頭ではわかっていましたが、再度、実感した瞬間でした。

色味を近づけることで、空間に統一感が生まれます☆
先日、お伺いしましたT様の夜景です↓


シラカバの色と外壁の色・・・Goodみたいな!?(笑)
さて、最後はカッコ良く決めたいと思います↓

色味まで、とことんこだわります。
――――栄和ガーデン――――

P.S. T様、この場をお借りしまして、撮影に御協力頂き、誠にありがとうございました!

神奈川県全域(横浜市・川崎市・相模原・小田原市など)、東京都南多摩地区(町田市・八王子市・多摩市・稲城市)で、デザイン性の高い外構工事・エクステリア。

株式会社 栄和ガーデン